美容の悩み

シミケア美顔器の選び方|おうちエステを効果的にする方法

公開日:

 更新日:

年齢とともに増え、濃くなっていくシミ。シミは見た目年齢にも大きな影響を与えるため、なんとかケアをしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
シミのない透明感のある肌を目指すために、シミができる原因や効果的なケア方法について詳しくご紹介します。

※本記事における「浸透」「導入」とは、角質層までの浸透・導入のことを指します。
※本記事における「美白」とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことを指します。

シミとは?

シミとは、皮膚内で作られたメラニン色素が肌に沈着し、部分的に茶色に見える状態のことをいいます。
シミにはいくつか種類があり、紫外線を浴び続けることによってできる「日光黒子(老人性色素斑)」が最も一般的ですが、それ以外にも、遺伝によって子供のころからある「そばかす」や、ホルモンバランスの乱れによってできる「肝斑(かんぱん)」などがあります。

シミができるメカニズムは?

皮膚の細胞は、通常約28日周期で生まれ変わります。これをターンオーバーといい、表皮の一番下の基底層にある細胞が分裂して皮膚表面の角層に押し上げられ、最後ははがれ落ちるというサイクルを繰り返しています。
紫外線を浴びて作られたメラニン色素も、このターンオーバーによって皮膚表面に押し上げられ、古い細胞とともに排出されます。
しかし、メラニン色素が過剰に作られたり、ターンオーバーが乱れたり、加齢によってターンオーバーのサイクルが遅くなったりすると、メラニン色素が排出されずに蓄積され、シミとなってしまうのです。

シミができる主な原因は?

シミを防ぐには、シミができる原因を理解することが大切です。シミの原因はとても身近なところにあるため、毎日のケアが重要なのです。

紫外線によるシミ

シミができる一番の原因は紫外線です。紫外線はメラノサイト(メラニンを生む細胞のこと)を活性化させたり、メラニン色素を酸化させたりします。また、そばかすや炎症後色素沈着(ニキビ跡や虫刺されの跡など)は紫外線があたると悪化するため、毎日しっかりと紫外線対策を行いましょう。
なお、地上に届いてUV対策が必要とされる紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、肌への影響も異なりますから、その違いも踏まえて紫外線対策を行うことが大切です。

UV-A

UV-Aは、波長が長く、肌の奥の真皮にまで到達して光老化を引き起こす紫外線です。メラノサイトを活性化させたり、真皮のコラーゲンやエラスチンを変性させたりするなど深刻なダメージを与えます。また、すでにあるメラニン色素を酸化させ、肌を黒くする作用もあります。
日焼け止めに表示されるPA(プロテクション グレイド オブ UVA)は、UV-Aの防止効果を表しています。

UV-B

UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いため真皮には届きませんが、皮膚への作用が強く表皮にダメージを与える紫外線です。日焼けをしたときに肌の表面が赤くなってヒリヒリしたり熱感を持ったりするのは、UV-Bの影響によるものです。UV-Bは地表で受ける紫外線の中では少ないものの、細胞の核にあるDNAにダメージを与えます。通常は、こうしたDNAのダメージはいずれ修復されますが、紫外線の浴びすぎには注意が必要です。
日焼け止めに表示されるSPF(サン プロテクション ファクター)は、UV-Bの防止効果を表しています。

ターンオーバーの乱れによるシミ

ターンオーバーは、正常な場合は約28日間といわれており、ターンオーバーが正常に行われていれば、作られたメラニンも排出されるためシミにはなりません
しかし、その周期も年齢を重ねていくと長くなっていきます。個人差はありますが、30〜40代では40~45日、50代になると55~70日ほどかかるといわれています。年齢とともにシミが目立つ理由は、ターンオーバーの周期が長くなることでメラニンが排出されずに蓄積されるためです。
また、睡眠不足や食生活の乱れ、運動不足、喫煙といった生活習慣の乱れも、ターンオーバーが乱れる原因となります。

ストレスによるシミ

ストレスで活性酸素が発生するとメラニンが増加し、シミの原因となることがわかっています。活性酸素はメラノサイトを刺激して、メラニンの生成を促すのです。
また、ストレスによってホルモンバランスが乱れることも、シミを作る原因となります。

間違ったお手入れや外傷によるシミ

肌をこするなどの間違ったお手入れや、傷や虫刺されといった外傷も、メラノサイトを刺激するためシミの原因となります。スキンケアを行う際は、肌をこすらないようにハンドプレスで優しく丁寧に行うことが大切です。
また、傷や虫刺されができた場合は、外用薬などを使用して適切にケアをし、かきむしるなどさらなる刺激を与えないようにしましょう。炎症が起きている部分に紫外線があたらないように、患部は衣類や絆創膏で覆っておくことも大切です。

シミができる原因については、こちらの記事もご覧ください。
シミやそばかすができる原因は?シミの種類を知って早めの対策を!

シミの対策とできてしまった後のケアを知ろう

シミケアは、毎日の心掛けが一番大切です。続いては、シミができる前の対策と、できてしまった後に必要なケアをご紹介します。

365日紫外線対策をする

最も大切なケア方法は、年間を通しての紫外線対策です。紫外線は一年中降り注いでいますから、365日、日焼け止めを塗るのがおすすめです。
日焼け止めを選ぶときは、UV-BをブロックするSPF値とUV-AをブロックするPA値をチェックし、季節や生活シーンに合った日焼け止めを選んでください。紫外線が多く降り注ぐ4〜9月は「SPF50程度、PA++++程度」を目安に、比較的紫外線量が少ない10〜3月は「SPF20〜30程度、PA++程度」を目安に選びましょう。
また、炎天下での活動やマリンスポーツをするときは「SPF50程度、PA++++程度」、屋外での軽いレジャーやスポーツのときは「SPF30程度、PA+++程度」、軽い散歩や買い物のときは「SPF20程度、PA++程度」を目安に使用してください。

生活習慣の見直し

規則正しい生活やバランスのとれた食事、適度な運動など、健康的な生活を心掛け、ターンオーバーを整えましょう。規則正しい生活を送ることで、活性酸素も発生しにくくなります。
食事では、特にビタミンCとEを摂取するように心掛けてください。喫煙はシミの原因となるので、控えることが大切です。

化粧品等によるシミケア

美白化粧品やシミ対策薬などを取り入れたシミケアもおすすめです。美白化粧品には、厚生労働省が「美白有効成分」として認可している成分が20種類程あり、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ効果があります。代表的な成分には、ビタミンC誘導体やアルブチン、トラネキサム酸などが挙げられます。

また、シミ対策薬を服用することで、内側からシミを薄くするケアも効果的です。内側と外側からダブルでアプローチしましょう。
なお、美白ケアと同時に、しっかりと保湿ケアをすることも大切です。潤った肌はバリア機能が正常に働くため、紫外線の影響を受けにくくなるだけでなくターンオーバーも整うため、シミケアの一環となります。

美顔器によるシミケア

シミを予防、もしくは増やさないためにスキンケアや生活習慣の見直しは有効ですが、できてしまったシミに対してより効果的なケアをしたいという人は、美顔器を取り入れてみるといいでしょう。
美顔器を使うことでハンドケアでは届かない、肌の奥にまで美容成分を届けることができたり、ターンオーバーをサポートしたりすることができるため、化粧品のみのケアよりも効率的にシミケアができます。

シミ予防については、こちらの記事もご覧ください。
シミを予防するにはどんなケアが必要?自分でできるシミ対策や改善法

シミケアにおすすめな美顔器の選び方

シミケアには、どのような美顔器を選べばいいのでしょうか。シミケアに効果的な美顔器の機能は、「イオン導入」と「LED」です。この2つがどのような効果を発揮してくれるか、詳しくご紹介します。

ただし、ペースメーカーや人工肺など、医療用電気機器を使用している方のほか、妊娠中や授乳中でホルモンバランスが不安定な方は、使用を控えるのが無難です。使用できないケースは説明書に書かれていますので、確認してから使うようにしましょう。

イオン導入機能付き美顔器

イオン導入とは、機器を使用して肌に微弱な電流を流すことで、本来肌の表面にしか届かない成分を肌の奥まで届ける機能のことをいいます。シミに効果的な美白成分をイオン導入で肌の奥にまで浸透させることで、より効果的なケアをすることができます。
ただ、ヒアルロン酸やコラーゲンといった分子の大きい成分は、肌の奥への導入ができないため、分子が小さく美白効果も期待できるビタミンC誘導体やプラセンタなどの使用がおすすめです。

イオン導入については、こちらの記事もご覧ください。
美顔器のイオン導入機能とは?適した美顔器を選んで自宅ケア

LED機能付き美顔器

LEDとは、発光ダイオード(光る半導体)のことです。主な光の色は全部で5種類あり、色によって肌への効果が異なります。
赤は血行促進&肌の弾力アップに、黄色はターンオーバー正常化&メラニン排出のサポートに、緑は色素沈着を防ぎ肌の透明感の向上に、青は殺菌効果を持つことからニキビ対策に、白は細胞活性化に効果的だといわれています。シミケアには、黄色と緑の光を選びましょう

なお、LEDは目に見える強力な光なので、直接光源を見ると視力低下や気分の悪さを引き起こす可能性があります。また、使いすぎるとむしろ肌への負担になるため、メーカー推奨の使用頻度や使用回数を守ることが大切です。

基本のケアと美顔器を使った踏み込んだケアで、総合的なシミケアを

紫外線やストレス、間違ったお手入れなどでも発生してしまうシミ。見た目年齢に影響を与えるシミのケアは、毎日の積み重ねが大切です。
365日紫外線対策を欠かさない、ターンオーバーが乱れる原因を改善するといった基本的なケアに加え、できてしまったシミには内服薬や美顔器などをうまく取り入れてみましょう。今回の記事を参考に、生活習慣を見直したり美顔器を選んだりなどして、自分のライフスタイルに合わせたシミケアを行ってください。

この記事の執筆者
美顔研究所 編集部
この記事の執筆者

美顔研究所 編集部

最新トレンドからお悩み、体験談まで、美容に関するあらゆる情報を発信していきます。