美容の悩み

目の下のしわの原因は?しわ改善に期待できる目元ケアを紹介

公開日:

 更新日:

目の下にしわがあると、それだけで老けて見えたり疲れて見えたりします。このしわは、ちりめんじわと呼ばれ、生活習慣や間違ったお手入れが原因で刻まれる場合もあります。

ここでは、目の下にしわができる原因と、しわ改善が期待できる目元ケアやマッサージ、ツボ押しの方法をご紹介します。

目の下には、どうしてしわができる?

目の下にしわができる原因には、どのようなものがあるのでしょうか。そもそも目の下は皮膚が薄く、さらにまばたきを繰り返すため、しわになりやすいとてもデリケートな部分です。乾燥トラブルも起きやすく、適切なケアをすることが重要となります。
まずは、目の下にしわができてしまう原因や、しわにつながるNG習慣がないか確認してみましょう。

乾燥

美肌の大敵である乾燥は、キメが乱れてしわの原因につながります。十分な保湿不足やエアコンによる乾燥のほか、熱いお湯を浴びることでも肌の乾燥は進みます。日焼け後や顔脱毛の後も乾燥しやすいため、いつもよりもたっぷり保湿ケアをするように心掛けて。

目の疲れ

スマートフォンやパソコンの使いすぎなどによる眼精疲労は、目の周りの血行が悪くなり、しわの原因になることも。目をこまめに休めることで、眼精疲労の軽減につながります。勉強や読書などで文字を読んでいる時間が長い場合も、もちろん注意してください。

紫外線

紫外線はシミだけでなく、しわの大きな原因となります。紫外線を多く浴びてしまうと、皮膚は分解酵素をたくさん生産します。この分解酵素は、肌内部にあるコラーゲンをボロボロにし、減少させる働きを持ちます。コラーゲンが減ることで肌の弾力が失われてしまい、しわやたるみの発生につながってしまうのです。一日中外にいるなど、一定時間紫外線を浴びる際は注意してください。

摩擦や刺激

目をこすりすぎたり、強くこすってアイメイクを落としたりすると、目元に負担がかかってしまい、しわができるおそれがあります。アイメイクには専用リムーバーを使用して優しく落とすなど、こすり合わせないようにしましょう。
また、メイク時も同様に力を入れてアイシャドウを塗ったり、まぶたを引っ張ってマスカラを塗ったりしていないかをチェック。コンタクトレンズのつけ外しをする際も注意が必要です。

目の下のしわを改善する方法

目の下にできたしわは、生活習慣を整えたり、ちょっとした癖を意識してみたりすることで改善できる場合があります。しわが深く刻まれる前に、ここで紹介する改善方法を試してみてください。

保湿をしっかり行う

お手入れの基本中の基本である保湿。皮膚の薄い目元は、特に丁寧に優しく保湿ケアをする必要があります。目の下の乾燥が進まないよう、化粧水や乳液の基本お手入れに加えて、アイクリームなどの目元専用のケアアイテムを使うことをおすすめします。

アイクリームを塗る際は、強くこすったりしないよう、しわを伸ばしながらゆっくりなでるように。アイクリームは、しわ改善有効成分のレチノールやナイアシンアミド、保湿成分のヒアルロン酸などが配合されたものを選ぶと効果が見込めます。

目を休める時間を作る

眼精疲労が蓄積すると、目の周り全体の血流が悪くなるため、よどんだ疲れ顔に見えてしまうしわやクマの原因につながります。スマートフォンやパソコンを使用する際は、1時間に1度は画面から離れ、休む時間を取るなど、目の休息時間を設けることが大切です。

また、しわやクマだけでなく、頭痛・肩こりなどさまざまな体のトラブルにもつながる可能性があるため、意識的に目を休ませるようにしましょう。休息時間にホットアイマスクなどで目を温めると、疲労改善に高い効果が期待できます。

紫外線対策をする

しわの原因となる紫外線。外出する際の日焼け止めはもちろんのこと、UVカット機能付きのサングラスやメガネなどで目元の紫外線対策も行ってください。日差しが強い日は、そのまぶしさで目元や眉間にしわを寄せてしまうおそれがあるため、特に目元の対策が必須です。

また、紫外線は窓からも差し込んでくるため、室内にいても日焼け対策を心掛けて。外出しない日でも日焼け止めをしっかり塗る、飲む日焼け止めを服用するなどの対策をしてください。

しわの改善や予防に効果的な栄養素を摂取する

目の下のしわを改善するためには、たんぱく質や食物繊維、ビタミン、ミネラルなど、バランスの良い食生活を心掛けることが大切です。特に、しわ予防につながるコラーゲンは積極的にとりたい栄養素。コラーゲンは軟骨や牛テール、豚バラ肉、鰻、エビなどに豊富に含まれていますが、毎日の食事に取り入れるのが難しい場合、サプリメントを活用するのもおすすめです。

また、ビタミン類も美肌維持に欠かせない栄養素。ブロッコリーやほうれん草などの野菜類や、いちご、キウイフルーツなどのフルーツ類のほか、緑茶など、ビタミン類を多く含む食物も積極的にとるようにしましょう。

洗顔時の刺激をなくす

クレンジングや洗顔などで、目元を強くこすっていることはありませんか?肌は優しく洗っていても、落ちにくい目元はゴシゴシ洗いに…なんてことがないよう、注意してください。

クレンジングは優しくマッサージするようになじませ、目元に負担がかからないように気をつけて。マスカラやアイシャドウなどのメイク汚れの残りもしわの原因につながりますので、アイメイクリムーバーなどを使用してきちんと落としきることも大切です。

マッサージやツボ押しで目の下のしわを改善!

筋肉をほぐすことで、しわの改善だけでなくクマの解消や目のサイズアップにも効果が期待できます。ここでは、目の下のしわを伸ばすのに効果が期待できる眼輪筋をほぐすマッサージと、しわや眼精疲労の改善につながるツボ押しをご紹介します。
マッサージやツボ押しは、スキンケアの最後や入浴時の血流の流れが良いタイミングで行ってみてください。

眼輪筋をほぐすマッサージ

目の下のしわを伸ばすには、目の周りをぐるっと囲んでいる眼輪筋をほぐすマッサージがおすすめです。眼輪筋をほぐすマッサージをしたり、鍛えたりすることで、目の下のしわやたるみ、クマの改善が期待できます。

マッサージの方法は、アイクリームや乳液など伸びの良いアイテムをつけた後、中指のはらで目尻・目の下・目頭・まぶたの上と、目の周りを一周するように軽く押していきます。なお、アイホールより内側は眼球があるので、マッサージをする際は気をつけて。また、強い力をかけて刺激してしまわないよう、優しくマッサージすることが大切です。

しわ・眼精疲労に効くツボ

しわ改善に効果的なツボや、眼精疲労を軽減させるツボは多くあります。ひとつは、「瞳子髎(どうしりょう)」と呼ばれる、目尻から1cm程外側、骨のきわ部分のわずかなくぼみにあるツボ。瞳子髎は目元のしわや眼精疲労の改善に効果が期待できます。

次に、「魚腰(ぎょよう)」と呼ばれる、眉毛の中心にあるツボ。ここは、まぶたのむくみや目元のしわ、目の疲れ改善に効果が期待できます。さらに、前を向いたときの瞳の中央と目尻の端、その真ん中の位置から真下に下がったところにある「救後(きゅうご)」と呼ばれるツボは、血液やリンパの流れを整えて、目元を引き締め、しわ改善へと導きます。

また、眉毛の一番外側にあるくぼみの位置にある「絲竹空(しちくくう)」をほぐすことで、小じわ取りに効果が。ほかにも、目尻にある「晴明(せいめい)」や眉頭内側のくぼみにある「攅竹(さんちく)」、目の下にあるくぼみ部分の真ん中にある「承泣(しょうきゅう)」、眉尻と目尻のあいだから指2本分外側にあるくぼみに位置する「太陽(たいよう)」は、目元のむくみや目の疲れがある際に押したいツボです。

ツボ押しの方法

人差し指の腹を使い、痛くない程度にツボを優しく押します。次に、左右同時に5秒間押し、ゆっくりと離しましょう。ツボを強く押しすぎてしまうと筋肉組織を傷つけてしまう可能性があるため、気持ちの良い力加減を心掛けて。

美顔器での簡単ケアもおすすめ

マッサージやツボ押しを自分でするのは面倒…という人は、美顔器を取り入れた簡単ケアもおすすめ。美顔器は、高度な機能で肌内部に働きかけることが可能で、エステサロンのようなケアを自宅で簡単にできるため、時間のない方や、しわ改善効果を高めたい方におすすめです。
優しく肌の上を滑らせるように動かすだけで、スマートフォンやパソコンで酷使した目の疲れを改善しつつ、眼精疲労によって引き起こされるしわやたるみにも効率良くアプローチすることが可能です。

特におすすめなのは、RFやLED、EMSタイプの美顔器。RF美顔器は、ラジオ波と呼ばれる電磁波の力で肌を深部から温め、血行やターンオーバーを促します。それにより、むくみの解消や、くすみ・たるみなどにも効果が期待できます。さらに、ラジオ波にはコラーゲンの生成を促し、肌にハリを出す働きも。しわ・たるみが気になる際に活用したいタイプの美顔器です。

LED美顔器は、さまざまな波長の光を照射することで肌を活性化させる効果があります。特に赤色LEDは肌にハリを与え、コラーゲンの生成を促しハリ感アップに期待ができます。
また、EMS美顔器は、人工的に電気刺激を与えて筋肉を動かす機能を持つため、目元の印象を左右する眼輪筋にアプローチすることが可能です。表情筋を鍛えることでたるみを予防し、引き締まった印象をキープすることもできます。

目の下のしわの予防&改善で若々しい目元へ

目の下のしわは、丁寧な保湿ケアや適切な紫外線対策が欠かせません。日頃から目をこする癖がある人や、強い力でアイメイクを落としている人は要注意。悪しき慣習の積み重ねでしわが刻まれることのないよう、気をつけましょう。そして、しわの予防や改善には、内側からのケアも大切です。しわ改善に効果的なコラーゲンやビタミン類を、積極的にとるのがおすすめです。

また、目の下は皮膚が薄く、しわになりやすい上に、眼精疲労で血行不良に陥ることがあるデリケートな部分。正しい日常のケアにプラスして、美顔器でのケアやマッサージ、ツボ押しを取り入れた対策を行い、若々しい印象の目元を目指してください。

この記事の執筆者
美顔研究所 編集部
この記事の執筆者

美顔研究所 編集部

最新トレンドからお悩み、体験談まで、美容に関するあらゆる情報を発信していきます。