美容の悩み

肌トラブルの原因は摩擦!美顔器による摩擦は肌に悪いの?

公開日:

 更新日:

洗顔やマッサージなど、日常生活において肌に摩擦を与える行為は肌に悪影響を与えるといわれています。無意識に摩擦を繰り返すうちに、取り返しのつかない肌トラブルにつながることも…。一方で、肌トラブルの救世主的な存在の美顔器にも、摩擦のリスクはあります。美顔器による肌への摩擦はどのような悪影響があり、対処法はあるのでしょうか。

ここでは、摩擦が原因で起きる肌トラブルと、その対処法をご紹介します。また、美顔器による摩擦は本当に肌に悪いのかについても検証しました。

摩擦は肌トラブルの原因に

クレンジングや洗顔、保湿などのスキンケアは、美肌への第一歩です。しかし、肌の汚れを落とすことを重視して、つい肌をゴシゴシこすっていませんか?実は、「こする=摩擦」こそが、肌トラブルの原因のひとつ。まずは、摩擦が引き起こす肌トラブルについて見ていきましょう。

乾燥肌

肌に摩擦を与え続けると、表面の角質層が傷ついて破壊されます。それによって、肌の潤いを保つために必要なバリア機能が乱れ、結果、肌に水分を保てなくなってしまうのです。このメカニズムにより、肌の乾燥が進みます。たとえ保湿に注力しても、肌そのものが水分を抱えられなくなるので肌の乾燥が進行します。

敏感肌

敏感肌とは、一般的には刺激にならない物質に対して敏感に反応する肌の状態です。例えば、特定の物質を含んだ化粧品使用時の摩擦やこすれなどが該当します。乾燥肌と同様に皮膚のバリア機能の低下が原因で、肌にかゆみやこわばりが生じるほか、アレルギー物質や細菌などが体内に侵入しやすくなります。

吹き出物

コロナ禍においては、マスクによる摩擦が原因で肌荒れ、吹き出物に悩む人が急増しました。原因のひとつは、乾燥肌・敏感肌と同様に、皮膚のバリア機能の低下。マスクとの摩擦が刺激になって肌のターンオーバーサイクルが乱れ、毛穴周りの角層質が厚くなることによって毛穴が詰まりやすくなり、吹き出物やニキビにつながります。

小じわ

目の周りを指でこすりすぎると摩擦によって肌の潤いが奪われ、小じわの原因になることも。落ちにくいアイメイクのクレンジング時や起床時などは特に気をつけてください。

シミ、くすみ

乾燥肌や吹き出物によって肌に炎症反応が起こると、シミやくすみの原因になるメラニン色素が過剰に作られることがあります。また、摩擦の刺激により肌のターンオーバーサイクルが乱れるとメラニン色素の排出が滞り、シミやくすみが増えることもあります。

たるみ

肌をマッサージして血流を良くすることはたるみケアには効果的ですが、無理矢理肌に圧をかけるような誤ったマッサージだと、肌の弾力を守るコラーゲンやコラーゲン同士を結びつける役割を持つエラスチンが破壊され、たるみの原因に。しかも、摩擦による皮膚の刺激は、肝斑や色素沈着の原因にもなります。

無意識にやりがちな、摩擦につながる生活習慣

肌に摩擦を与える習慣は、日常生活で無意識に行っていることがほとんどです。特に女性の場合は、メイクや美肌のための洗顔やマッサージが命取りになっている場合も…。続いては、肌に摩擦を起こしがちな生活習慣を5つご紹介します。

メイクによる摩擦

メイクは、肌の摩擦を起こす習慣となります。日焼け止めや化粧下地、ファンデーション、アイシャドーなどは、直接肌に塗るアイテムなので、当然、肌に摩擦が生じます。また、朝の忙しい時間に焦ってメイクをすると、摩擦も大きくなりがちなので注意してください。

洗顔による摩擦

洗顔も、摩擦を起こす習慣のひとつです。皮脂やメイクなどによる肌の脂汚れは専用の洗顔料を使用する必要があり、どうしても手を使用するため必然的に摩擦が生じます。特に、夏場などは皮脂の分泌が激しいので、バシャバシャと乱暴に洗顔する傾向が高くなるので注意してください。

拭き取りによる摩擦

摩擦は、拭き取り時にも起こりがちです。洗顔後に使用するタオルのほか、化粧水やクレンジング時に使用するコットンも肌の摩擦を引き起こします。特に、質が悪い素材は吸水性が悪くごわつきも激しいため、さらなる摩擦ダメージに直結します。

マッサージによる摩擦

マッサージも、肌への摩擦を起こします。顔のたるみ予防の鉄則は、「必要以上にさわらない」「皮膚を伸ばさない」ことです。しかし、マッサージは手で行うのが定番です。誤った自己流のマッサージでは、ただ肌をこすっているだけの可能性が高く、摩擦による肌トラブルに直結します。

頬杖による摩擦

無意識に頬杖をつく癖がある人は、手指による刺激や雑菌を肌に与え、ニキビや吹き出物、たるみなどの原因を作っている可能性があります。また、頬に長時間圧力をかけることで顔の同じ部分にしわができ、老け顔になるおそれもあります。頬杖の癖により顔に深いしわができると、化粧品などでは改善が難しくなるので要注意です。

摩擦を軽減する正しい力加減とは?

肌に手指やタオルが接触し、摩擦ダメージを生じさせることは肌トラブルの原因のひとつです。しかし、肌への接触は、日常生活で避けては通れません。せめて、肌にふれる力加減を調節して、肌への摩擦ダメージが軽減するようにしてください。

メイク時の力加減

メイク時の力加減は、力まず、こすらず、優しく丁寧なタッチで行うのが鉄則です。特に、ファンデーションはしっかりと塗ろうとして力が入りがちになりますが、肌の表面の角層は約0.02mmしかないことを意識して、優しく指でふれるようにします。特に、目の周りは皮膚が薄いので、メイク時には、力が入りづらい薬指の腹を使いましょう。

洗顔時の力加減

洗顔時は、洗顔料をよく泡立てたきめ細かい泡で、肌が動かない程度の力で泡を転がすように洗うのがポイントです。特に、皮膚が薄い目元や口元は、優しい力加減を意識してください。

すすぎのときもこすらず、水をパシャパシャとあてる程度に。すすぎ残しは肌トラブルの原因になるので最低20回以上行い、洗顔料が顔に残らないように気をつけます。

保湿時の力加減

保湿時の力加減は、洗顔同様に肌が動かない程度の力が基本です。乳液、美容液、クリームなどの保湿アイテムをたっぷり手に取り、肌の上を滑らせるように塗布します。

拭き取り時の力加減

洗顔後はやわらかく吸水性の高い素材のタオルで、ポンポンと押さえるように水気を拭き取ってください。上下に強くこすると顔のたるみにつながるので注意が必要です。

また、コットンを使うときは、肌との摩擦が起きないようたっぷりと液剤を染み込ませて、肌の上で一定方向に優しく滑らせるように動かします。

マッサージの力加減

マッサージの力加減は、摩擦対策としてマッサージクリームをたっぷり塗るとともに、肌に負担をかけない程度の力加減で優しく行うことが大切です。マッサージ後は、ティッシュなどで軽く油分を拭き取り、乳液で肌を整えればOKです。このときも、ソフトタッチに努めてください。

美顔器の摩擦は大丈夫?

美顔器は、美肌づくりにとても効果的なアイテムです。顔にふれるヘッド部にも肌に優しい素材が採用されているので、手指よりは摩擦が少ないといえます。ただし、美顔器の美容効果を最大限に発揮するためには、使用時に次のことに注意してください。

使用頻度と時間を守る

美顔器の摩擦は、使用頻度と時間を守ることで軽減できます。美顔器を毎日使用したほうが、美肌効果を得られると考えている人は多いかもしれません。しかし、実際は多くの美顔器メーカーが、週に2~3回の使用を推奨しています。使用頻度を少なくすることで、摩擦ダメージを軽減できます。

また、長時間の使用も、肌への摩擦ダメージを助長します。美顔器の取扱説明書を確認し、適切な頻度と時間で使用することが重要です。

力の入れすぎに注意する

力の入れすぎに注意することも、美顔器の摩擦を減らします。美顔器でスキンケアを行うとき、効果を高めたいからといって、強い力で肌に押し当ててしまいがちです。力の入れすぎは摩擦ダメージの大きな原因になり、肌トラブルを誘発します。肌に優しく押し当てるようにしてください。

コットンの拭き取り時は優しく動かす

美顔器でのコットンの拭き取り時には、優しく、肌に滑らせるようにすることで、摩擦を軽減できます。また、使用回数を減らすことでも、コットンによる摩擦ダメージを減らすことができるでしょう。

専用のジェルを使用する

専用のジェルを使うことでも、肌の摩擦を軽減することができます。美顔器専用のジェルやクリームは粘性が高く、美顔器との相性が良いため、美顔器による肌への摩擦を最小限に抑えることができるのです。

下から上に動かす

美顔器の摩擦を軽減するためには、動かし方も重要です。美顔器は、「下から上、内から外」の一定方向に動かすのが、肌に摩擦ダメージを与えないポイントです。また、下から上に動かすことで、リフトアップも期待できます。

美顔器の摩擦については、こちらの記事もご覧ください。
美顔器の摩擦は肌に悪い?摩擦ダメージを防ぐ美顔器の正しい使い方

最も摩擦が起きるのは、手によるケアだった!?

根強い人気を誇るハンドエステ。一方で、直接肌にふれるため摩擦ダメージにつながるといった警鐘の声も寄せられています。マルホ株式会社によると「第83回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会」に参加した医師のうち、99%が「肌への摩擦ダメージの蓄積が肌トラブルを引き起こす」と回答しています。

つまり、エステにおいても、手による施術による摩擦ダメージが、肌トラブルの原因となる可能性はゼロとはいえません。そのため、現在エステサロンでは、肌に手をふれずに済む美容機器の使用が主流になっています。

摩擦の少ない美顔器で、トラブル知らずの肌を目指しましょう

肌トラブルの原因のひとつは摩擦であり、さまざまな要因で摩擦が生じることをご紹介しました。「こすらない」ことが美肌への近道ではありますが、毎日のスキンケアで肌にふれないことは困難。美顔器は、肌にふれる部分に摩擦が起こりにくい加工が施されており、手指を使用するよりも摩擦ダメージを軽減できます。美顔器を上手に使って、美肌を手に入れましょう。

 

この記事の執筆者
美顔研究所 編集部
この記事の執筆者

美顔研究所 編集部

最新トレンドからお悩み、体験談まで、美容に関するあらゆる情報を発信していきます。