美容の悩み

乾燥肌の化粧水はどう選ぶ?おすすめのスキンケアと乾燥肌対策

公開日:

 更新日:

化粧水を肌につけたのに肌がつっぱる感じがする、肌をさわるとカサついている、ベースメイクがうまくのらない――それらは、乾燥肌の可能性があります。肌が乾燥した状態が続くと、かゆみやひび割れ、ヒリつきのほか、将来的にくすみや小じわ、ハリ・弾力の低下などの肌トラブルを起こすことも…。
ここでは、乾燥肌になってしまう原因や、乾燥肌の人が化粧水を選ぶときのポイントのほか、乾燥肌におすすめの美顔器を取り入れたスキンケアについて解説します。

※本記事における「浸透」とは、角質層までの浸透のことを指します。

この記事の監修者

中川 桂
シロノクリニック恵比寿勤務、日本抗加齢学会専門医

2008年関西医科大学卒業後、麻酔科専門医取得。
2015年より美容の道へ進み、しみ・しわ・たるみなどの美容皮膚科領域、アンチエイジングのためのプチ整形・ホルモン療法など多数の患者様を担当する。

化粧水を使っても肌が乾燥する原因とは?

化粧水をきちんと使っているのに肌が乾燥するときは、まずその原因を突き止めることが大切です。考えられる原因をいくつか挙げていきますので、思い当たることがないかチェックしてみてくださいね。

肌に合わない種類の化粧水を使っている

一口に化粧水といっても、さまざまな種類があります。乾燥肌であれば保湿に特化した化粧水を選ぶのが望ましいですが、そもそもきちんと選べているかをご自分の使っている化粧水を確認しましょう。
例えば、美白効果をうたうものやニキビ予防目的の化粧水の多くは、保湿よりも肌荒れの予防や美白成分に特化しており、使用感もさっぱりしていることがほとんど。保湿成分も入ってはいますが、乾燥肌には物足りなく感じることがあります。
また、肌の状態は年齢や季節、ホルモンバランスなどによっても変わります。昔は問題なかったのに最近は乾燥する、冬になると乾燥がひどくなるという場合は、今の肌に合う化粧水をあらためて探す必要があるかもしれません。

洗顔後すぐに化粧水を使わない

洗顔時には、汚れや泡と共に肌内部の潤いも流れてしまうことをご存じでしょうか。洗顔後の肌は急激に乾燥する上に、濡れることで肌本来のバリア機能も低下。放置しておくと、乾燥が一気に進んでしまいます。お風呂上がりや洗顔後、しばらく何もつけないまま過ごしている人は要注意です。

化粧水以外のスキンケアを使っていない

「べたつくのが嫌」「あれこれ塗る時間がない」といった理由で、スキンケアを化粧水のみで済ませるのもNG。化粧水の基材は言うまでもなく「水」なので、油分を含む乳液やクリームなどで蓋をしないと潤いが蒸発してしまいます。

化粧水の使用量・使い方が不適切

化粧水の使用量が不十分だったり、強い力でパッティングをしたりするなど、使い方を誤ってしまうと化粧水の本来の効果を体感できません。特に、化粧水を浸透させようとして肌に強くパッティングするのは摩擦にもつながるため、乾燥以外の肌トラブルを起こす可能性もあるNG行為です。

エアコンや強い紫外線などの生活環境

肌を取り巻く環境が、乾燥を加速させている場合もあります。空気中の湿度が低下すると肌内部の水分が蒸発し、さらに気温が下がると汗・皮脂の分泌が減りますので、皮脂膜が形成されにくくなります。一般的に秋や冬は空気が乾燥しやすいといわれていますが、気候以外にも室内にいる場合には、エアコンの影響も大きいでしょう。
また、紫外線も乾燥を招く一因。紫外線を過剰に浴びると細胞の核がダメージを受けて炎症を起こし、ターンオーバーの乱れや機能の低下も招き、肌の水分を保つ機能も壊されてしまいます。

加齢や生活習慣の乱れによる代謝の低下

加齢や体調の変化など、体の内部に原因があることも少なくありません。年齢と共に代謝が下がり、肌の潤いを保つ細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)が減少。皮脂の分泌量も減るため、肌が乾燥しやすくなります。

また、睡眠不足や無理なダイエットなど、生活習慣の乱れも原因のひとつです。過度なストレスなどでターンオーバーが早まると未熟な細胞が増え、潤い成分が減少。寝不足や運動不足、食事の偏りや過度なダイエットはターンオーバーの遅れを招き、本来なら自然とはがれ落ちるはずの古い角質が肌表面にとどまり続けてしまいます。それにより角層の水分量が減るため、結果として乾燥した状態になるというわけです。

乾燥肌向け化粧水の選ぶときにおすすめの保湿成分

乾燥肌の原因を見てみると、重要なのは規則正しい生活習慣や生活環境、そして正しいスキンケアだということがわかります。特に、乾燥肌対策において、スキンケアの中でも化粧水は重要なアイテム。乾燥肌に適した化粧水を選ぶために、チェックすべきは保湿成分です。
今回は、星の数ほどある保湿成分の中から、乾燥肌におすすめしたいものを厳選してピックアップしました。パッケージやウェブサイトなどを確認し、下記の成分が含まれているかチェックしてみましょう。

セラミド

セラミドは、角層内で肌を外部刺激から守る、バリア機能としての働きがあります。セラミドが不足すると肌が敏感になるため、乾燥肌なら積極的に取り入れたい代表的な保湿成分です。セラミドでも、植物性の「コメヌカスフィンゴ糖脂質」など複数の種類がありますが、特に肌なじみが良く高保湿効果が期待できる「ヒト型セラミド」がおすすめ。

コラーゲン

コラーゲン(水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲンなど)は保湿効果に優れ、肌表面にしなやかな保護膜を作ります。肌なじみが良くサラッとしており、多くの保湿化粧水に配合されています。

エラスチン

エラスチン(加水分解エラスチン、加水分解α-エラスチンなど)は、表皮の水分を保持し、水分蒸散を防止して乾燥から肌を守る成分です。コラーゲンと組み合わせることで、相乗効果が期待できるとされています。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸(ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Naなど)は、優れた水分保持機能を持つ代表的な保湿成分。肌に潤いの膜を形成して水分蒸散を防ぎ、キメの整った肌を維持します。水に溶けるととろみがつくため、感触改良のために配合されることもあります。

アミノ酸類

アミノ酸類(セリン、アラニン、グリシン、トレオニン、リシン、アルギニン、グルタミン酸、プロリンなど)はNMFの主成分で、たんぱく質のもとになる成分。元々肌に存在する成分なので、肌なじみがいい上に、保湿効果が高いのが特徴です。

乾燥肌に効果的な化粧水の使用方法

化粧水の選び方と同じくらい大切なのが、使い方です。効果的な化粧水の使い方をマスターして、しっかりと乾燥肌対策に活かしましょう。

化粧水は洗顔後すぐに使う

前述したとおり、肌の潤いは洗顔後急速に失われていきます。洗顔をした後は、少しでも早く化粧水で保湿しましょう。洗面所などに化粧水を常備しておくと、うっかり放置してしまう癖を手放しやすくなりますよ。

十分な量を出して、優しくなじませる

拭き取り化粧水のようにこすって塗布したり、強くパッティングしたりするのはNG。保湿化粧水は肌を手でそっと包み込むイメージで、優しくなじませましょう。
また、使用量も意外と見落としがちなポイント。メーカーが推奨する量に従うのが基本ですが、特に記載がない場合は500円玉大が目安です。一度で塗布するには多いと感じるなら、2~3回に分けてもOK。少しずつ入れ込むイメージで、肌が保湿されてもっちりするまでたっぷりの水分を補ってください。

浸透力を高めたいときは、コットンパックをする

集中ケアしたいときは、コットンパックやシートマスクにするのもおすすめ。化粧水をコットンまたは専用のシートマスクに浸し、3~5分程パックしましょう。肌にのせすぎると潤いが奪われやすくなるので、パックする時間には気をつけてください。コットンやシートマスクになじませる量が少ないと摩擦につながり、ダメージになってしまうので、化粧水はたっぷりを心掛けて。

乾燥肌対策をしたいのなら、化粧水以外のスキンケアも見直そう

化粧水が乾燥肌対策に重要なのはご紹介してきたとおりですが、ほかのアイテムを見直すことも大切です。乾燥肌対策をするなら、化粧水以外のスキンケアもアップデートしてみませんか?

肌の負担が少ないクレンジングや洗顔を使う

実は肌の乾燥につながりやすいのが、クレンジングや洗顔などの「落とすケア」。乾燥が気になるときのクレンジングは、洗い上がりがつっぱりにくいクリームタイプがおすすめです。洗顔料は、洗浄力がマイルドなアミノ酸系の洗浄成分を使ったものを選んでみてください。いずれも量をしっかり使い、洗顔料はきちんと泡立てるのを忘れずに。泡立てが苦手・面倒なら、泡で出てくるタイプを選ぶといいでしょう。

化粧水の後に乳液できちんと蓋をする

化粧水で与えた水分が蒸発しないように、乳液やクリームなどの油分で肌に蓋をしましょう。乳液を選ぶときはジェルなどの水分が多いタイプではなく、油分多めのクリームやバームがおすすめです。いろいろなものを肌につけることが手間と感じる場合は、乳液や美容液成分が入ったオールインワンタイプの化粧水も選択肢に入れてみてください。

保湿ケアができる美顔器を取り入れる

通常のスキンケアに加えて、保湿ができる美顔器でのスペシャルケアを取り入れるのも手。美顔器を使うことで、普段のスキンケアでは落としきれない古い角質や汚れを除去し、浸透しやすい状態になった肌にたっぷりと時間をかけて水分補給をすることで基本のスキンケアだけではできない贅沢な保湿ケアが叶います。

ARTISTIC&CO.「Miss Arrivo THE WRAITH(ミスアリーヴォ ザ レイス)」

「Miss Arrivo THE WRAITH(ミスアリーヴォ ザ レイス)」は、イオンの作用で古い角質を除去するイオンクリーンモード、微弱な電流で表情筋を動かし肌のコンディションを上向きにするEMSモード、温めと筋肉運動と保湿を同時に行うことができるM/U(MFIP/ULTRA PULSE)モードの3種類から肌にアプローチできる高機能な美顔器。使いやすさと肌に優しい使用感を追求した小型ヘッドや、顔の隅々までトリートメントできる「3D Movable Head」を搭載しているのもこだわり。

ARTISTIC&CO.「Miss Arrivo THE WRAITH(ミスアリーヴォ ザ レイス)

乾燥肌でお悩みの人は、まず化粧水を見直してみて

くすみや小じわ、ハリ・弾力の低下など、あらゆる肌トラブルにつながりかねないのが肌の乾燥。まずは、日常的に使う大事なスキンケアのひとつである化粧水をきちんと選び、正しく使うことが大切です。そして、時には美顔器でのスペシャルケアも取り入れて、潤いのあるすこやかな肌を目指しましょう。

この記事の執筆者
美顔研究所 編集部
この記事の執筆者

美顔研究所 編集部

最新トレンドからお悩み、体験談まで、美容に関するあらゆる情報を発信していきます。