美容の悩み

ほうれい線ができる原因と解消法|老けて見えないのには理由がある?

公開日:

 更新日:

厄介なほうれい線をケアするには、原因に合わせた対策を行うことが大切です。ほうれい線ができてしまう原因と、目立たなくするために効果的な対策について解説します。

※本記事における「浸透」「導入」とは、角質層までの浸透・導入のことを指します。
※リフトアップやたるみ・シワ改善効果が認められた機器はありません。本記事では、肌の引き締め効果があることを指しています。
※本記事における「エイジングケア」とは、年齢に合ったお手入れのことを指します。

ほうれい線の原因は?

ほうれい線とは、鼻の両脇から口元にかけて「ハ」の字のように伸びるラインのことです。笑ったり口を大きく開けたりすると、誰にでもほうれい線は現れます。しかし、子供の頃は表情が戻れば消えていたほうれい線が、大人になるにつれて深く刻まれたまま残ることがあります。
くっきりと目立つほうれい線は、見た目年齢を引き上げる大きな要因に。では、なぜほうれい線が目立つようになってしまうのでしょうか?

肌のたるみ

ほうれい線ができる大きな原因のひとつが、肌のたるみです。肌のハリを保つ出すために欠かせないコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は、紫外線ダメージや加齢などの影響で、徐々に減少したり機能が低下したりします。その結果、肌のハリや弾力が失われ、皮膚がたるんでほうれい線ができやすくなるのです。
さらに、普段無表情になりがちな人は表情筋が衰えやすく、頬や口元の筋肉がゆるんで皮膚を支えきれなくなることがあります。すると、皮膚や皮下脂肪が重力によって垂れ下がり、しわが寄ってほうれい線が目立つように。

体重の急激な増減や顔のむくみなども、ほうれい線には悪影響です。体重の変動による皮下脂肪の急な増減は、肌のたるみを加速させる要因になります。また、顔のむくみを放置していると、溜まった水分や老廃物の重さで肌がたるみ、ほうれい線をさらにくっきりと深くしてしまうのです。

肌の乾燥

肌が十分に潤った状態なら、表情の変化によって一時的にしわができても、すぐに元に戻るはずです。しかし、肌が乾燥していると、一度できた小じわがそのまま定着し、ほうれい線として深く刻まれてしまうことがあります。特に、「空気が乾燥した日ほどほうれい線が目立つ」「日によってほうれい線の目立ち具合が変わる」という場合は、乾燥が原因になっている可能性が高いでしょう。
肌の乾燥はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を減少させる要因のひとつでもあり、肌のたるみにも直結します。乾燥が原因のほうれい線は、若い人にも現れやすいため注意が必要です。

表情や行動の癖

日常の何気ない癖が、ほうれい線の原因になっているケースもあります。例えば、「よく頬杖をつく」「パソコンやスマートフォンなどを見るためにうつむきがち」といった習慣のある人は、ほうれい線ができやすい傾向があります。
また、猫背をはじめとした姿勢の悪さや、いつも同じ方向を向いて寝る癖、左右のどちらか片方だけでの咀嚼といった行動も、骨格のゆがみや肌のたるみを招き、結果としてほうれい線を目立たせる要因になるのです。

ほうれい線の対策には何をする?

ほうれい線を目立たなくするには、日頃からの丁寧なケアが必要です。ここからは、ほうれい線対策に効果的なケア方法をご紹介しましょう。

スキンケア

ほうれい線対策の基本は、保湿を中心とした日々の丁寧なスキンケアです。肌の潤いを保つために、化粧水や乳液、クリームなどでの保湿ケアを毎日しっかりと行いましょう。「洗浄力の強すぎる洗顔料やクレンジング剤を使わない」「肌をこすらずたっぷりの泡で優しく洗う」「洗顔の際は熱いお湯ではなくぬるま湯ですすぐ」といった、正しい洗顔方法を実践することも大切。
また、洗顔後や入浴後の肌をそのままにしていると、肌の水分がどんどん蒸発してしまいますから、顔を洗ったらすぐに化粧水で肌に水分を与え、乳液やクリームで油分を補います。

スキンケアの際には、コラーゲンやセラミドなどの保湿成分を配合した基礎化粧品を取り入れるのもおすすめ。肌内部のコラーゲンやエラスチンの生成をサポートする、レチノールやビタミンC誘導体を配合したクリームや美容液も取り入れてみてください。

紫外線ダメージの防止

紫外線は、肌のバリア機能を低下させ、乾燥を加速させる大きな要因です。特に、紫外線のうちUV-Aは肌の奥まで届き、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す繊維芽細胞にダメージを与えます。
「日焼け止めを使うのは、夏や日差しの強い日だけ」という人もいるかもしれませんが、紫外線は季節や天候にかかわらず降り注いでいます。日焼け止めや日傘、帽子などを活用し、一年を通して徹底した紫外線対策を行いましょう。

肌にハリを与える栄養をとる

暴飲暴食や偏った食生活は、肌のターンオーバーのサイクルを乱れさせ、乾燥を悪化させる原因になります。乾燥はほうれい線の大敵ですから、内側からもケアして潤った肌を保ちましょう。
ハリと潤いのある肌を目指すために大切なのは、栄養バランスの良い食生活を心掛けること。その上で、保湿など外側からのケアに加えて、食事でも肌のハリをサポートする栄養を積極的にとってください。中でも、積極的に摂取したいのは、ターンオーバーと整える働きのあるビタミンB群や肌・筋肉のもとになるたんぱく質、肌の弾力を支えるコラーゲン、肌の老化防止に役立つビタミンCといった栄養素です。食事だけで不足しがちな栄養素は、サプリメントを活用するのもひとつの方法です。

癖の見直し

「食事のときに片側ばかりで噛む」「いつも同じ方向を向いて寝る」「頬杖をつく」という癖を続けていると、知らず知らずのうちにほうれい線がくっきりと刻まれてしまうかもしれません。このような癖がないかどうか普段の行動を見直し、思い当たる点があった場合はすぐに改善しましょう。また、パソコンやスマートフォンを見るときなどに、猫背やうつむき姿勢にならないように意識することも大切です。

表情筋を鍛える

表情筋が衰えると、皮膚を支えきれず肌のたるみを招き、ほうれい線ができやすくなります。特に、マスクをつけていたり在宅勤務などで他人と接する機会が少なくなったりすると、無表情になりがちなため、注意が必要です。ほうれい線を防ぐためにも、普段から意識して表情筋を動かすようにしましょう。「あ・い・う・え・お」と口を大きく開けて発声する表情筋エクササイズを継続するのもいいでしょう。
また、効率良く表情筋を鍛えられるのが、EMS機能を搭載した美顔器です。EMSとは、電気刺激によって筋肉に直接アプローチする機能のこと。普段あまり使わない表情筋も効率良く鍛えることができるため、たるみやほうれい線ケアにおすすめです。

適切なほうれい線対策で、ハリのある若々しい肌をキープしよう

ほうれい線ができる主な原因には、肌のたるみや乾燥、表情の癖などが挙げられます。これらの原因を取り除くために必要なのは、保湿や紫外線対策、表情筋を鍛えるといった日頃のケアの徹底。より効率的に対策をしたい場合は、EMS機能を搭載した美顔器の力を借りることもおすすめです。
ほうれい線は、放置しているとしわが肌に定着し、くっきりと深く刻まれてしまいます。ほうれい線を予防してハリのある若々しい肌を保つには、早めの対策がポイントです。「まだあまり目立たないから大丈夫」などと油断せず、気づいたタイミングでしっかりとケアを行っていきましょう。

この記事の執筆者
美顔研究所 編集部
この記事の執筆者

美顔研究所 編集部

最新トレンドからお悩み、体験談まで、美容に関するあらゆる情報を発信していきます。