美容の悩み

パックしながら美顔器はOK?美顔器の種類や注意点などを解説

公開日:

 更新日:

美顔器といっしょに、パック(シートマスク)を使ってみたいと思ったことがある方がいるかもしれません。実際のところ、美顔器とパックはいっしょに使うことができるのでしょうか。
この記事では、パックと併せて使える代表的な美顔器と、特徴や基本的な使い方をお伝えします。

※本記事における「浸透」「導入」とは、角質層までの浸透・導入のことを指します。
※本記事における「美白」とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことを指します。
※本記事における「エイジングケア」とは、年齢に合ったお手入れのことを指します。

パックと相性のいい美顔器と、お手入れの方法は?

パックといっしょに使える美顔器は、具体的に2種類あります。それぞれどのようにお手入れするのか、詳しく見ていきましょう。

スチーム美顔器+パック

スチーム美顔器は、一般的にはパックとの併用が可能だといわれています。蒸気によって肌を温め、毛穴を開かせて汚れを落としやすくしたり、スキンケアアイテムのなじみをアップさせたりするアイテムです。
パックをしながらスチームをあてることで、美容成分が角質層まで効率良く浸透するのをサポートします。使用後は通常のスキンケアを行い、最後に潤いを閉じ込めるクリームまで使えば、もちもちに潤った肌を実感できるでしょう。

イオン導入美顔器+パック

イオン導入美顔器も、一般的にはパックとの併用が可能だといわれています。イオン導入は、肌に微弱な電流を流すことで、美容成分が角質層に届きやすくするアイテムです。機器を使用する際は、肌に直接機器をあてるのではなく、コットンなどに美容液や化粧水などの液体を浸したものを介する必要があります。コットンを使うのが一般的ですが、パック(シートマスク)を使うこともできるのです。
イオン導入には水溶性かつ分子が小さい美容成分が適しているので、ビタミンC誘導体などが配合されたパックを選ぶのがいいでしょう。

美顔器で毛穴や角質ケアした後、パックを使うのもおすすめ

美顔器で毛穴の汚れや古い角質などを落とした後に、パックを使うのもおすすめです。まずは、美顔器で肌の汚れなどを取り除き、パックの美容成分が角質層まで浸透しやすい状態に整えます。毛穴や角質をケアできる美顔器としては、「イオン導出美顔器」や「超音波美顔器」「ウォーターピーリング美顔器」などが代表的です。
これらの美顔器で肌の汚れや不要な角質を取り除いた後にパックを使えば、美容成分の浸透が高まり、効率的に美肌を目指すことができるでしょう。

イオン導出美顔器

イオン導出美顔器は、微弱な電流を使って、毛穴に詰まった角栓や黒ずみなどをイオンの力で浮かせて落とします。なお、ほとんどの美顔器はイオン導入とイオン導出の機能の両方を搭載しています。

超音波美顔器

超音波美顔器は、文字どおり超音波の振動を使って汚れを落とします。振動によるフェイスラインの引き締め効果も期待できます。

ウォーターピーリング美顔器

ウォーターピーリング美顔器は、水と超音波の力で毛穴の汚れを取り除きます。薬剤を使わないピーリングができるため、角質ケアをしたいけれど肌への負担が気になる方に適しています。毛穴の汚れだけでなく、古い角質によるくすみのケアにも最適です。

基本的なスキンケアの手順とは?

パックといっしょに使える美顔器の種類などを押さえたところで、美顔器を含めた一般的なスキンケアの手順について確認していきましょう。
実際にスキンケアを行うときは、メーカーが推奨する使用量や順番を第一としつつ、特に説明がない場合や迷ったときの参考にしてみてください。

クレンジング・洗顔

肌の汚れをきちんと落とすことは、美肌を目指すには欠かせないステップです。メイクをしていなくても、日焼け止めを塗っているならクレンジング剤を使うといいでしょう。クレンジングの際にスチーム美顔器で肌を温めると、毛穴が開いて汚れが浮きやすくなります。

なお、クレンジングも洗顔も、十分な量を手にとり、優しく肌の上でクレンジング剤を滑らせ、できるだけ不要な摩擦をかけず、手早く行うことが大切です。クレンジング剤はさくらんぼ大を指に取り、顔の内から外へらせんを描くようにゆっくり伸ばします。メイクとなじんだら、ぬるま湯を少量ずつ加えて乳化させたのちに、しっかりすすいでください。

また、洗顔料を使う際には、チューブタイプなら2cm程度が目安です。ネットなどを使ってしっかり泡立て、レモン大ほどのきめ細かな泡を作ります。泡を手と顔の皮膚のあいだのクッションにするイメージで、泡がつぶれないように優しく転がしながら洗います。フェイスラインには泡が残りやすいので、隅々まできちんとすすぐことを忘れずに。

美顔器

美顔器を使うのに適したタイミングはいくつかありますが、肌がまっさらになった洗顔後は特におすすめです。その後に使う化粧水や美容液がなじみやすくなるので、「肌のごわつきが気になる」「いくら保湿しても乾燥する」といった悩みがあるときにも適しています。

導入美容液(ブースター)

導入美容液は、必ず使用するべきアイテムではありませんが、その後に使う化粧品の効きを良くしたり、角質ケアしたりするものなどが多く発売されています。
スキンケアに取り入れる場合は、基本的には洗顔の後、もしくは洗顔をして美顔器を使用した後に用います。

化粧水

化粧水は、肌に潤いを与えるための必須アイテム。500円玉大を目安にたっぷり使いましょう。量が多いと感じるときは、2~3回に分けてなじませます。肌をこすらないように広げ、丁寧にハンドプレスして仕上げます。

手かコットンのどちらでつけるかは、好みや肌質で決めて問題ありません。刺激が少なく、肌の温かさでしっとり感を得やすいのは、手でつける場合です。その分、肌質によっては重たさやべたつきを感じやすいことがあるかもしれません。
一方のコットンは、肌にムラなく均一に化粧水を塗布できるのがメリットです。若干、化粧水の消費量は多くなるものの、手で使うよりもさっぱりとつけることができます。

パック(シートマスク)

パック(シートマスク)は、美容液と同じ立ち位置として販売されているものが多いです。美容液と同様に化粧水の後に使う場合が多いですが、実際には製品ごとの説明も確認してください。
また、パックを肌に置く時間を長くしすぎると乾燥を招く場合もあるため、製品ごとに推奨されている放置時間を守りましょう。記載がない場合は、長くても10分程度にとどめます。なお、パックは前述のとおり、スチームやイオン導入の機能がある美顔器と併用することも可能です。

美容液

美容液は、化粧水と乳液(もしくはクリーム)の基本の保湿ケアに加えて、何らかの美容効果(エイジングケアや美白ケアなど)をプラスして得たいときに用いることが一般的です。
パックと美容液を併用するときは、油分が多いもの、液がこっくりしているものなど、使用感が重いほうを後にするといいでしょう。使用量は直径2cm程、ポンプタイプなら2~3プッシュが目安です。ほかのスキンケアと同様、摩擦が起きないように丁寧に肌になじませてください。

乳液

乳液の役割は、肌に水分と油分をバランス良く補うことです。10円玉大を目安に取り、肌に優しく広げながらなじませましょう。
べたつきが気になる場合は量を減らすのではなく、ジェル乳液などのさっぱりとしたテクスチャーの乳液に切り替えるのがおすすめです。

クリーム

乳液にも油分が入っていますが、よりしっかりと肌に潤いを閉じ込めるためには、クリームで最後の仕上げをます。ジャータイプの容器の場合は、衛生面を考慮してスパチュラ(金属などでできたヘラのようなものです)を使い、パール粒くらいの量を取りましょう。質感が硬い場合は、肌に広げる前に手のひらで温めると、なじみが良くなります。

美顔器を使用するときの注意点

パックを併用する・しないにかかわらず、美顔器は正しく使ってこそ、その効果を最大限発揮できるものです。美顔器を使うときの注意点は、下記のとおりです。

できるだけ摩擦を与えない

美顔器を使うときは、つい手に力が入ってしまうかもしれません。しかし、摩擦は肌のエイジングのもと。肌に強く押しあてると思わぬトラブルにつながる可能性もあるため、なるべく優しい力で美顔器を使うように心掛けてください。スキンケアを行うときも同様です。

メーカーの推奨する使用頻度や時間を守る

美顔器は、メーカーによって使用頻度や時間の目安が定められています。使用する前に必ず取扱説明書を確認し、その範囲内で使うようにしてください。

なお、一般的にはイオン導入美顔器や超音波美顔器なら、週2~3回程度の使用が目安のものが多くなっています。また、ウォーターピーリングの使用頻度は、週に1~2回がいいでしょう。1回あたりのケアは10分以内を目安に済ませ、肌をしっかり水で濡らすのも忘れないようにしてください。

使用できない条件に合致しないか事前に確認する

美顔器を使用する頻度や時間と同時に、使用を控えるべき条件もしっかりチェックしましょう。例えば、ホルモンバランスが不安定なときは、肌トラブルのリスクが高まります。妊娠中、または妊娠している可能性があるときの使用を禁じている製品もあるため、事前の確認は欠かせません。

また、目元や口元などのデリケートな部分には使えない美顔器も多々あります。ニキビなど肌荒れを起こしている部位に使用するのも避けるべきなので、自分が使用できない条件にあてはまらないか、使用してもいい肌の状態かどうかなどは、きちんと確かめてから使うことが大切です。

美顔器の使用後はきちんと保湿ケアを行う

美顔器を使っただけで満足するのではなく、前後のスキンケアもきちんと行うことが美肌づくりには必須。美顔器でケアした後の肌はスキンケアがなじみやすい状態に整っているので、集中ケアを行う絶好のタイミングです。念入りにスキンケアすることで、美顔器の魅力をさらに感じることができるでしょう。

美顔器とパックのダブルのケアで、理想の肌づくりを

美顔器は、適切な種類のものを選べば、パックとの合わせ使いも可能です。また、毛穴や角質ケアを美顔器で行った後にパックを使えば、いつも以上にパックの美肌効果を感じることができるでしょう。
「お手入れがマンネリになりがち」「自宅でエステのような贅沢ケアをしたい」という方をはじめ、美顔器とパックの合わせ技で、自宅での効率的な美肌づくりを始めてみませんか?

 

この記事の執筆者
美顔研究所 編集部
この記事の執筆者

美顔研究所 編集部

最新トレンドからお悩み、体験談まで、美容に関するあらゆる情報を発信していきます。