美容の悩み

金属アレルギーだと美顔器は使えない?安心して使える美顔器の選び方

公開日:

 更新日:

自宅で手軽にワンランク上のスキンケアができる美顔器には、ヘッドの部分に金属が使われているタイプが多くあります。そのため、「金属アレルギーがあるから美顔器は使えない」「金属アレルギーがあるけど、美顔器を使ってみたい」といった悩みを持つ人もいるのではないでしょうか。しかし、美顔器の種類によっては、金属アレルギーがあっても安心して使えるものもあるのです。
そこで今回は、金属アレルギーの人の美顔器の選び方や、使用時の注意点などについてご紹介しましょう。

金属アレルギーでも美顔器は使える?

美顔器は電流や超音波などを伝わりやすくするため、ヘッド部分に金属を使用していることが多く、金属アレルギーの場合は使えないと考える人もいるかと思います。しかし、金属アレルギーだからといって、すべての美顔器を使えないというわけではありません。
美顔器にはさまざまなタイプがあり、選び方によっては金属アレルギーがあっても問題なく、またはリスクを抑えて使用することが可能です。まずは、金属アレルギーでも使える美顔器の具体的な選び方について見ていきましょう。

金属アレルギーを起こしにくい素材の美顔器を選ぶ

金属アレルギーは、汗などの体液によって金属が溶け出してイオン化し、皮膚のたんぱく質と結合することで体が拒否反応を起こしている状態です。誰もがなるものではありませんし、どの金属でも起こるわけでもありません。
一般的に、下記の素材はイオン化しやすく、金属アレルギーが出やすいといわれています。

金属アレルギーを起こしやすいとされる素材

  • ・クロム
  • ・コバルト
  • ・ニッケル
  • ・パラジウム など

自分がどの素材にアレルギー起こすのかわからない場合は、リスクを避けるために、少なくともこれらの素材が使われた美顔器は使わないほうがいいでしょう。
また、イオン化しにくく、一般的に金属アレルギーを起こしにくいとされる素材もあります。どうしても金属のヘッドの美顔器を使いたい場合は、こういった素材を使用しているものを選べば、リスクを抑えられるかもしれません。

金属アレルギーを起こしにくいとされる素材

  • ・アルミニウム
  • ・チタン
  • ・24金
  • ・プラチナ など

なお、上記の素材であれば誰でも安全に使えるというわけではないため、使用前に必ず顔以外の部位でテストを行い、安全に使えることを確認してください。異常があった場合はすぐに使用を中止し、医師に相談することをおすすめします。

ヘッド部分が金属以外の美顔器を使う

肌にふれるヘッド部分に、金属を使っていない美顔器を選べば、金属アレルギーの心配はないでしょう。機能は限られますが、金属以外では、プラスチックやシリコン、セラミックなどを使用した美顔器もあるため、そういった美顔器を利用してみるのもひとつの方法です。

金属アレルギー対応美顔器を使用する際の注意

アレルギーを起こしにくい金属を使った美顔器でも、あくまでアレルギーを「起こしにくい」だけなので、使用する場合は注意が必要です。そういった美顔器を使う際には、次の3つのポイントに注意してください。

メッキがはがれる可能性がある

美顔器のヘッド部分の金属などの素材は、メッキで覆われている場合があります。アレルギーを起こしにくい素材でメッキされていたとしても、美顔器を繰り返し使ううちにはがれてしまうことがあり、その状態でヘッド部分を肌にあてると、金属アレルギーを起こしてしまうかもしれません。美顔器の使用前は、メッキがはがれていないかを必ず確認しましょう。

体調や体質が変化する可能性がある

アレルギーを起こしにくい金属といっても、絶対ではありません。そのときの体調や体質の変化などによって、それまでは問題なかった金属でも、アレルギーを起こすことはあります。そのため、「この金属なら大丈夫」などと過信せず、様子を見ながら使ってください。
もし、美顔器を使っていて突然アレルギー症状が出てしまったときは、すぐに使用を中止しましょう。

ステンレスの長期間使用に注意

ステンレスは、金属アレルギーを起こしにくい素材といわれています。酸素にふれると表面に「酸化膜」ができるため、溶け出しにくい(イオン化しにくい)のがその理由です。しかし、ステンレスの酸化膜はあくまで一時的にできるもの。酸化膜がなくなれば、ステンレスは鉄やクロム、ニッケルの合金のため、比較的アレルギーを起こしやすい金属といえるでしょう。ステンレスがヘッド部分に使われている美顔器は、使用に十分注意してください。

肌に直接ふれない美顔器なら安心!

美顔器には、「スチーマータイプ」や「LEDタイプ」といった、肌に金属が直接ふれずにケアできるものもあります。こうした美顔器なら、金属アレルギーがあっても安心して使うことができるでしょう。

スチーマータイプの美顔器

スチーマータイプの美顔器は、噴射される温かいスチームや冷たいミストを浴びることで、肌をやわらかくしたり、毛穴を開かせたりすることができます。すると、毛穴の奥の汚れが落としやすくなったり、その後に使うスキンケアアイテムの浸透性が高まったりします。
なお、スチーマーを使った直後は、肌が潤った感覚がありますが、スチーマー自体に保湿効果はほとんどありません。使用後はしっかり保湿効果のあるアイテムで、スキンケアをすることがポイントです。

LEDタイプの美顔器

ヘッド部分を直接肌にあてずに、LEDライトを照射することでケアするLEDタイプの美顔器。LEDは、次のように光の色によって期待できる効果が異なります。

色による主なLEDの効果の違い

青色LED

青色LEDは皮脂の分泌を抑えたり、毛穴を引き締めたりする効果が期待できます。ニキビ改善や予防にもおすすめです。

赤色LED

赤色LEDは肌の弾力がアップし、小じわや毛穴が目立たなくなる効果が期待できます。また、血行促進によるくすみやクマの改善も。

白色LED

白色LEDには、しわやたるみの改善といったエイジング効果が期待できます。

美顔器のサブスクやレンタルサービスで試すのもおすすめ

「美顔器でアレルギーを起こさないか不安」という場合は、美顔器を購入前にサブスクリプションサービスやレンタルサービスを利用してみるのもおすすめです。問題があれば途中で解約することも可能なため、「高いお金を出したのに無駄になった」ということがありません。

まずは週に1回程度使用してみて、問題がなければ使用頻度を増やしてみます。美顔器の説明書や注意書きなどをよく読み、推奨されている使用頻度や時間は必ず守りましょう。
なお、途中解約の際の条件は、サービスによって異なります。違約金が発生するか、最低契約期間はあるかなど、事前にしっかり確認してください。

金属アレルギーでも使える美顔器はある

金属アレルギーがあっても、使用できる美顔器がないというわけではありません。直接肌にふれないタイプや、ヘッドに金属を使っていない美顔器もありますし、金属アレルギーを起こしにくい金属を使用した美顔器もあります。
しかし、どのような美顔器でも「絶対に安心」ということはないため、使用し始めは使用時間や頻度を少なくし、肌の様子を見ながら使うことが大切です。

この記事の執筆者
美顔研究所 編集部
この記事の執筆者

美顔研究所 編集部

最新トレンドからお悩み、体験談まで、美容に関するあらゆる情報を発信していきます。