美容の悩み

鼻の黒ずみケアはどうする?いちご鼻の原因と解消におすすめの美顔器

公開日:

 更新日:

いつの間にか、ポツポツと目立つ鼻の毛穴や黒ずみ。これは、「いちご鼻」とも呼ばれ、顔の中でも目立つパーツだけに、悩んでいる人も多いです。普段どおりのケアではなかなか解消できず、無理矢理角栓を押し出している人はいませんか?
そこで今回は、鼻の毛穴が黒ずんでしまう原因と、その解消方法をご紹介します。併せて、毛穴悩みにアプローチできる美顔器の機能についても見ていきましょう。

※本記事における「浸透」「導入」とは、角質層までの浸透・導入のことを指します。
※本記事における「美白」とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことを指します。

この記事の監修者

鈴木 稚子
1994年東京慈恵会医科大学医学部卒業。同大学皮膚科学教室国立大蔵病院皮膚科臨床研究部を経て、2000年 用賀ヒルサイドクリニック院長。2017年9月23日六本木スキンクリニックを開院。

六本木スキンクリニック

鼻の黒ずみの原因は2つ

毛穴が黒ずんでいちご鼻になる原因は、毛穴の「角栓の詰まり」と「色素沈着」の大きく2つが考えられます。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

角栓の詰まり

いちご鼻の原因のひとつに、黒ずんだ角栓があります。何らかの要因で皮脂が過剰分泌すると、スムーズに毛穴から排出されずに詰まり、そこにメイク汚れや角質が混ざり合って角栓になってしまいます。初めは白いポツポツが目立ちますが、角栓が酸化することで黒ずみ、さらに目立つようになるでしょう。さわるとざらざらとしているのが特徴です。

色素沈着

いちご鼻をさわってみて、つるつるとした手触りなら、毛穴の色素沈着かもしれません。紫外線ダメージを受けたり、肌荒れを繰り返したり、こするスキンケアを続けたりすると、毛穴周りや内部でメラニンが生成され、色素沈着を起こすことがあります。そうなると毛穴が黒ずんでいちご鼻に見えてしまいます。

角栓が詰まった鼻の黒ずみケアの方法

鼻の毛穴の詰まりには、大きく2つの原因があることがわかりました。ここからは、詰まった角栓が黒ずんで目立つ、毛穴のケア方法を見ていきましょう。

蒸しタオルを使う

クレンジング前に蒸しタオルで肌を温めると、角栓が緩んで除去しやすくなります。

<蒸しタオルのケア手順>

  • 1.フェイスタオルを水で濡らし、搾る
  • 2.搾ったタオルを電子レンジに入れ、500Wで30秒~1分温める
  • 3.蒸しタオルの熱さを確かめたら顔に包み込むようにのせ、3分程度待つ
  • 4.蒸しタオルを外してクレンジングする

電子レンジで温めた蒸しタオルは、外側が温まっていないように感じても、内部は熱くなっていることがあります。必ず広げて手で熱さを確かめてから、顔にのせてください。手でさわって熱いと感じる場合は肌に負担になりますから、少し冷ましてからのせましょう。

オイルクレンジングを使う

毛穴の黒ずんだ角栓を解消したいときは、オイルタイプのクレンジングがおすすめ。オイルは洗浄力が高すぎて乾燥する、洗ってもぬるぬる感が残って苦手という人もいますが、オイルは「乳化」させることで肌への負担を減らせます。毛穴の黒ずんだ角栓やメイク汚れと素早くなじみ、ぬるま湯でも落ちやすくなりますから、ぜひ乳化を行ってください。

<オイルクレンジングの乳化手順>

  • 1.角栓が気になる鼻にオイルをなじませ、指先で円を描きながら顔全体になじませる
  • 2.両手にオイルが残った状態で、水を2、3滴手に取って混ぜ、乳化させる
  • 3.手に残ったオイルが白っぽく濁ったら、顔をなでるようにして広げる
  • 4.クリームを塗ったような手触りになったら、ぬるま湯で洗い流して洗顔する

鼻にオイルをなじませてからぬるま湯で洗い流すまで、1分程度で行うのがコツです。オイルは汚れとなじみやすいのが特徴ですから、無理にこすったり長時間マッサージしたりせず、短時間で済ませてください。

角質ケアをする

角栓はほとんどが古い角質でできています。肌が正常な状態なら、角質はいずれ垢となってはがれ落ちますが、なんらかの原因で溜まってしまうと、毛穴をふさいで角栓になったり、ニキビの原因となったりしてしまいます。

とはいえ、物理的にごしごしこすり落とすのは肌に負担。洗顔の際に洗浄力のマイルドな酵素パウダーやスクラブ、ピーリングジェルなどを取り入れるのがおすすめです。週に1~2回の頻度で角質ケアを行えば、黒ずんだ角栓を解消しやすくなるほか、顔のごわつきやくすみにも効果が見込めるでしょう。定期的に角質をケアすることで、角栓ができにくい肌に整えることもできます。

しっかり保湿する

角栓の原因となる角質が溜まったり、皮脂が過剰分泌したりすることの原因として、肌の乾燥があります。
肌は過度に乾燥すると、ターンオーバーのサイクルが乱れてうまく角質がはがれ落ちなかったり、バリア機能が落ちたりして、防御反応として皮脂を分泌します。角栓ができやすい人は、自分が脂性肌だと思っていることが多いですが、実は乾燥が原因かもしれません。皮脂が気になる人は保湿ケアを怠りがちですが、余計に乾燥する可能性があるため、しっかり保湿しましょう。

洗顔後はすぐに化粧水で水分を補給します。そのまま放置すると水分が蒸発してしまうため、乳液やクリームといった油分を含んだアイテムで蓋をしてください。ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンといった、保湿効果が期待できる美容成分が配合されたアイテムを利用するのがおすすめです。

メラニン毛穴の解消法

続いては、鼻の毛穴が黒ずんでいちご鼻になるもうひとつの原因、メラニン毛穴を解消するためのケア方法を解説します。

スキンケアで美白有効成分を取り入れる

メラニン色素の沈着による毛穴の黒ずみは、メラノサイトというメラニン生成を行う細胞の活性化が原因と考えられます。ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸といった美白有効成分は、メラニン生成を抑制する働きがあるとされ、メラニン毛穴の改善が期待できます。また、メラノサイトの活動を整える働きがあるとされるトラネキサム酸も、メラニンによる毛穴の黒ずみ対策に有効です。スキンケアにこれらの成分が配合されたアイテムを取り入れることで、メラニンによる毛穴の黒ずみ解消を目指しましょう。

肌のターンオーバーを整える

ターンオーバーが滞ると不要なメラニンが排出されず、毛穴周辺に蓄積されやすくなります。肌のターンオーバーのサイクルは、紫外線ダメージや乾燥のほか、睡眠不足や栄養バランスの偏った食生活といった不規則な生活習慣によっても乱れます。
日々のスキンケアで肌にしっかりと潤いを与えつつ良質な睡眠をとる、食事でターンオーバーを整える作用のあるビタミンB群をしっかりとるなど、生活習慣の改善にも注意してみてください。

紫外線対策を徹底する

紫外線によるダメージを受けることで、毛穴周辺ではメラニンが生成されます。紫外線ダメージは肌の乾燥を招いて角栓詰まりの原因にもなるため、季節や天候にかかわらず、一年中予防のケアをすることが重要です。日頃から日焼け止めを使うほか、帽子や日傘なども使って紫外線対策を徹底してください。

鼻の黒ずみケアにおすすめの美顔器の機能

鼻の黒ずみケアには、美顔器を使うのも効果的。ここでは、黒ずんだいちご鼻のケアにおすすめの美顔器の機能をご紹介します。

スチーマー

フェイススチーマーは、温かいスチームで毛穴を開かせて肌をやわらかくしてくれます。その後につける化粧水や美容液などの美容成分が浸透しやすくなるため、美白有効成分の効果アップも期待できるでしょう。
また、毛穴が開くことでクレンジングしやすくなり、角栓の予防や除去の効果も見込めます。

イオン導出

イオン導出は、普段のクレンジングや洗顔では落としにくい肌表面の余分な皮脂や汚れをイオンの力で浮かせて吸着するものです。余分な皮脂や角栓を取り除くことができ、さらにその後に使うスキンケアアイテムの浸透アップも期待できるので、毛穴の黒ずみ解消が見込めます。

イオン導入

イオン導入は、美容成分をイオン化させ、肌の奥深くまで浸透させる効果があります。イオン化できる美容成分は限られていますが、美白有効成分であるビタミンC誘導体やトラネキサム酸などは、イオン導入とも相性がいい成分です。
ほかにも、プラセンタやアミノ酸などをイオン導入で取り入れることで、肌の保水力を高め、鼻の毛穴が黒ずみにくい環境に整えられるでしょう。

ウォーターピーリング

ウォーターピーリングは、ミスト状の水と超音波で、毛穴に詰まった汚れや古い角質を除去するものです。薬剤を使わない分、刺激の強いピーリングよりも肌への負担を抑えられ、余分な汚れや角質を除去することでスキンケアアイテムの浸透がアップする効果が期待できます。

毛穴吸引

毛穴吸引器は、空気を吸う力で毛穴汚れを吸引するアイテム。毛穴の黒ずみや角栓詰まりといった毛穴トラブルに直接アプローチできます。手やピンセットなどで毛穴汚れを押し出すより、肌に負担をかけずに毛穴のケアができ、いちご鼻解消やテカり防止、ニキビ予防にも有効でしょう。

鼻の黒ずみ毛穴はスキンケアの見直しで解消!

いちご鼻になった鼻の毛穴の黒ずみを解消するためには、スキンケアの見直しが重要。しっかり保湿する、紫外線対策を怠らないといった対策で、少しずつ毛穴が目立たない鼻になれるでしょう。
併せて、ターンオーバーを整えるために生活習慣を改善することもポイントです。睡眠時間や食習慣も見直して、肌への負担を抑える生活を心掛けてください。より早くいちご鼻を解消したいと考えるなら、美白有効成分配合アイテムを使ったり、美顔器を取り入れたりすることもおすすめです。

この記事の執筆者
美顔研究所 編集部
この記事の執筆者

美顔研究所 編集部

最新トレンドからお悩み、体験談まで、美容に関するあらゆる情報を発信していきます。