美容の悩み

美顔スチーマーの効果的な使い方は?美容効果を解説

公開日:

 更新日:

美顔器の中でも特に人気があるスチーマー。自宅でのホームエステに使われている方も多いのではないでしょうか。スチーマーは正しく使えばさまざまな美容効果を望めますが、間違った使い方をすると逆効果になることもあります。
ここでは、スチーマーの美容効果から効果的な使い方、注意点まで、詳しく解説していきます。

 

※本記事における「浸透」「導入」とは、角質層までの浸透・導入のことを指します。
※本記事における「美白」とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことを指します。

肌に蒸気をあてることで美容効果を得るスチーマー

スチーマーとは、温かいスチームを噴射することで毛穴を開かせたり、潤いを与えて肌をやわらかくしたりする機能を持った美顔器です。
毎日のお手入れにプラスすることで、肌のごわつきやくすみをケアしたり、普段使っている化粧品がより浸透する肌に整えたりと、効果的なケアができます。

スチーマーの5つの美容効果

スチーマーの美容効果は、大きく分けて5つあります。そのメリットを知れば、日常のケアに取り入れてみたくなるのではないでしょうか。

肌をやわらかくする

スチームが角質層まで浸透し、潤いを与えて肌をやわらかくします。肌がやわらかくなることで、次に使うスキンケアアイテムが角質層に浸透しやすい状態に整えます。

毛穴汚れを落としやすくする

毛穴は温めると開くため、スチームで温めた状態でクレンジングを行うと、毛穴汚れが落としやすくなります。

肌に潤いを与える

温かいスチームが肌をやわらかく包み込んで角質層に浸透し、角質層を潤いで満たします。水ではなく化粧水をミスト化して浴びられる機能を使えば、より高い保湿効果が期待できるので、乾燥肌の人におすすめです。

血行促進

肌表面を温めることで顔の血流を改善します。血行が促進されることで肌のごわつきやくすみをケアし、透明感のある肌に導きます。特に、寒い季節や寝起きなど、血行不良によるくすみがある場合は、スチーマーをあてることで血色感をアップさせることができるでしょう。
また、肌のめぐりが良くなることは、スキンケアが浸透しやすい肌状態に整えることにもつながります。

リラックス効果

温かいスチームを浴びることで、リラックス効果も期待できます。最近では、アロマホルダーがついていて、アロマの香りを楽しみながらケアができるスチーマーも販売されています。

スチーマーを選ぶときのポイントは?

「スチーマーを使ってみたいけれど、種類がいろいろあってどれを選んでいいかわからない」という方も多いはず。ここでは、スチーマーを選ぶときのポイントについてまとめました。

タイプからスチーマーを選ぶ

スチーマーには部屋に置いて使う置き型タイプと、持ち運ぶことができるハンディタイプがあります。
置き型タイプはスチームの量が多く、顔全体にしっかりスチームをあてることができます。さらに、スチーム以外の+αの機能を搭載しているスチーマーが多いため、自宅で使うのがメインであれば置き型タイプがおすすめです。
一方のハンディタイプは、外出先で肌の乾燥を感じたときや、リラックスしたいときに使用するといいでしょう。

使いやすさでスチーマーを選ぶ

スチーマーを選ぶとき、重要なポイントとなるのが使いやすさです。
給水やお手入れが面倒だったり、操作が複雑だったりすると使い続けることが難しくなってしまいます。お手入れがおっくうになって放置すると、カビやにおいが発生して不衛生な状態となり、肌にとって逆効果になることもあります。購入する際はお手入れや操作方法を確認し、ご自身にとって使いやすいスチーマーを選んでください。
また、使用できる水も商品によって異なります。多くの製品は水道水の使用が可能ですが、精製水を指定しているスチーマーもあるため、使用できる水も確認しておくといいでしょう。

+αの機能でスチーマーを選ぶ

最近のスチーマーは、多機能な製品がほとんど。LEDや化粧水ミストがついていたり、スチーマーといっしょにアロマの香りを楽しめたりと、さまざまな機能がついていますので、目的に応じてスチーム以外の機能もチェックしてみましょう。
例えば、スチームを浴びながらエイジングケアも同時に行いたい場合はLEDがついているタイプ、肌の引き締めをしたい場合は温冷ミストがついているタイプがおすすめです。

肌表面の温度が40℃になるスチーマーを選ぶ

肌の土台づくりに最適で、毛穴汚れをしっかり浮かせてくれるのは、肌表面の温度が40℃程度のときだといわれています。そのため、スチームが肌にあたるときの温度が40℃に設定されている製品を選ぶのも、スチーマー選びにおけるひとつのポイントだといえるでしょう。

スチーマーの効果的な使い方は?

ご自身にぴったりなスチーマーを選んだら、いよいよお手入れを始めることができます。下記に、より高い美容効果を得るためのスチーマーの使い方をご紹介します。

クレンジングの前に使用して汚れをしっかりオフ

クレンジングの前にスチームを浴びることでメイクを浮き上がらせ、汚れを落としやすくします。また、毛穴が開き、肌がやわらかくなることで、毛穴汚れや古い角質をオフすることも可能です。

スキンケアとの合わせ技で効果アップ

スチーマーによっては「毛穴モード」や「ハリ感モード」など、モードが設定されている製品があります。
ハリ感モードを使用するときは、肌にハリを与える美容液を使用するなど、機能に合わせたスキンケアアイテムを使うことで、より効果を実感できるはずです。

スチーマーを使うときの注意点

うれしい美容効果が詰まったスチーマーも、間違った使い方をすると逆効果になることがあります。スチーマーを使用するときの注意点をしっかりと確認しておきましょう。

使用時間や頻度を守る

使用時間や頻度を守ることは、使用上の注意で一番大切なポイントです。気持ちがいいからと長時間浴びたり、毎日何回も使用したりすると、むしろ肌の乾燥を招くなど、肌トラブルの原因となります。使い始めは週に2〜3回から始め、慣れてきたら1日1回の使用を目安に考えてください(商品によって使用の推奨頻度は異なります)。
また、多くのスチーマーは、一定時間が経ったら自動的に切れるようになっています。これは、メーカー側が肌にとって最適な時間をあらかじめ判断して設定しているためです。説明書に書かれている使用頻度や使用時間を守って使用することで、美容効果を最大限に享受することができるでしょう。

保湿ケアを怠らない

スチーマーをあてた直後は肌が潤っていますが、その後何もケアをしないで放置すると、肌表面の水分が蒸発するときに必要な潤いまでいっしょに奪ってしまうため、むしろ乾燥肌に傾いてしまいます。使用後はすぐに保湿ケアを行い、乳液やクリームを使って潤いを閉じ込めましょう。

噴射口に顔を近づけすぎない

水を蒸気にして噴射させているため、蒸気口の温度はかなり高くなっています。顔を近づけすぎるとやけどをする危険がありますし、肌が乾燥する原因にもなりますので、説明書に記載された適切な距離を保ちましょう。
また、スチームを浴びているときや電源を切った直後は蒸気口が熱くなっているため、さわらないように注意することも大切です。

スチーマーの使用ができない・控えるべきケース

肌状態や体質などによっては、スチーマーを使用できない場合があります。具体的には、アレルギー体質の方や敏感肌の方、アトピー性皮膚炎をはじめとした皮膚の疾病を持つ場合は、使用を控えたほうがいいでしょう。湿疹や腫れ物があるなど肌が荒れている場合や、過度の日焼けといった肌トラブルがある場合も使用を控えてください。
また、ホルモンバランスが不安定な妊娠中や授乳中の方は、肌トラブルの原因となる可能性もあるので、使用を控えるのが無難です。

これらに該当しない場合でも、肌や体に異変を感じたらすぐに使用を中止し、必要に応じて医師の判断を仰いでください。いずれにしても、使用を控えるべきケースは商品によっても異なるため、事前に説明書を確認することが大切です。

スチーマーで透明感あふれる、ワンランク上の潤い肌を目指そう

スチーマーは年代を問わず、さまざまな肌質や肌悩みのケアに役立ちます。正しい使い方を押さえることで、最大限にその効果を実感することができるでしょう。
スチーマーを使ったホームエステで、ワンランク上の肌を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者
美顔研究所 編集部
この記事の執筆者

美顔研究所 編集部

最新トレンドからお悩み、体験談まで、美容に関するあらゆる情報を発信していきます。