美容の悩み

【時短美容家が解説】しわ対策におすすめの美顔器3選

公開日:

 更新日:

30代以上になると、気づかないうちにじわじわ増えてくる「しわ」。加齢に伴うものだから…とあきらめている人もいますが、それはとてももったいないことです!
しわができやすいパーツや原因、対策を知っておけば、しわや年齢に負けない美肌を目指すお手入れが可能。ホームケアで手軽に本格的なお手入れをするためには、美顔器の活用もおすすめです。
今回は、一般社団法人時短美容協会の代表理事である時短美容家の並木まきが、家でできる最新のしわ対策と、しわ対策におすすめの美顔器情報をお伝えします。

※本記事における「浸透」「導入」とは、角質層までの浸透・導入のことを指します。
※掲載商品は選び方で記載した効果・効能があることを保証したものではありません。購入にあたっては、各商品に記載の内容や商品説明を確認してください。

この記事の執筆者

並木 まき

時短美容家。28歳から市議会議員を2期8年務め、結婚を機に引退。「美人すぎる市議」として数々のメディアに出演。多忙でもできる美容法を研究し続け、少ない時間で最大の効果を生む「時短美容」のスペシャリストとしてコスメ開発やPRにも携わっている。
フードアナリストやヨガインストラクターの資格を活かし、内側からの時短美容も研究を続けている。

https://makinamiki.com/
https://www.instagram.com/picmaki/

まずはしわができやすいパーツをチェック!

一口にしわといっても、その大きさや深さはさまざまです。「表皮」と呼ばれる肌の一番外側にある部分にできるしわは「小じわ」や「ちりめんじわ」などと呼ばれ、乾燥を原因として起こりやすく、目元や口元のほか頬にもできやすいものです。

しわは、年齢とともにできやすくなると思われていますが、20代でも小じわやちりめんじわができることがあります。原因が解消されれば消える場合は多いですが、放置すれば増えたり大きくなったりすることがあり、早めのケアが重要。
小さなしわは、鏡を見たときに角度や光のあたり具合によっては目立ちにくいものもありますから、きちんと自分の肌状態を知るために、明るい場所で丁寧にチェックしましょう。
しわがあってもきちんとお手入れをすれば、しわが目立ちにくい肌を目指せますよ。

しわの原因は老化だけじゃない!しわを招きやすい4つの原因

しわの原因としては老化がよく知られていますが、それ以外にもしわを招きやすい原因がいくつかあります。しわの主な原因を4つご紹介しましょう。

慢性的な乾燥

肌が乾燥すると柔軟性が失われ、小じわが目立ちやすくなります。慢性的に乾燥した状態が続くと、それだけしわも生じやすく、目立ちやすくなるでしょう。
温度や湿度が低い環境では肌が乾燥しやすく、肌のキメが乱れてしわができやすくなります。秋冬は温度も湿度も下がっていくため、注意が必要。保湿を心掛けるとともに、自分がいる場所の温度や湿度にも注意してください。

紫外線によるダメージ

紫外線ダメージというと、日焼けで肌が黒くなることを思い浮かべますが、しわの原因にもなります。紫外線の中でも、特に「UV-A」は肌の奥まで届き、コラーゲンを変形させて肌の弾力性が失われ、しわになってしまうのです。
紫外線は季節や天気を問わず、降り注いでいます。しわを防ぐためには、一年中紫外線対策を怠らないことが大切です。

年齢による老化

誰しもが避けて通れない老化も、しわを招く原因のひとつ。肌の弾力成分であるコラーゲンやエラスチンは年齢を重ねるごとに減り、しわができやすくなります。
また、加齢によってターンオーバーの乱れや肌のバリア機能の低下も起きやすく、そこに肌の乾燥が加わると、よりしわが目立ちやすくなります。

表情の癖

表情の癖も、しわの原因として侮れません。気がつかないうちに、表情を動かすたびに何らかの癖が出ていることも多いのです。表情が乏しかったり、肌の一部だけに負担がかかる表情を続けていたりすると、それがしわを招くケースもあります。眉間にしわを寄せたり、目を見開いたりするといった癖がある人は要注意。

また、首にできるしわは姿勢も関係していて、スマートフォンやパソコンの長時間使用などでうつむいた状態が続くと、くっきりとしたしわが刻まれやすいので気をつけましょう。

しわを防ぎたい!継続したい毎日の美容習慣

しわは毎日の美容によって予防し、できたしわも目立ちにくくすることができます。即効性を期待するよりも、しわ対策を意識した美容習慣を身につけることが大切です。

丁寧なスキンケア

しわを作らない、またはできてしまったしわをこれ以上目立たせないためには、丁寧なスキンケアが大事です。洗顔後は肌が乾かないように気をつけながら、化粧水や美容液、乳液でしっかりと保湿をしておきましょう。特に、目の周りは皮膚が薄くデリケートで、乾燥するとしわができやすいパーツ。こすらないように意識するとともに、アイクリームなど、専用の保湿アイテムを取り入れるのもおすすめです。

また、普段から乾燥肌を自覚している人は、シーズンを問わずに美容オイルを使って、肌を乾燥させないお手入れを意識してください。
紫外線によるダメージをできるだけ減らすため、日頃から日焼け止めを忘れないことや、こまめな塗り直しも必要です。

バランスのいい食生活

食生活の乱れは、しわができやすくなったり今あるしわが目立ちやすくなったりする原因。偏った食事や暴飲暴食などを繰り返していると、摂取する栄養素が偏ってしまい、肌にも悪影響が出やすくなります。
糖質や脂質のとりすぎは避けて、ビタミンCやビタミンE、セラミド、イソフラボンなど、美肌効果があるとされる栄養素を食事からしっかりとることが重要です。

しわ対策におすすめの美顔器3選

ホームケアで美容家電を使うと、美容成分が肌に浸透しやすくなる効果が期待でき、しわ対策にもつながります。イオン導入器で美容成分の浸透を促したり、スチーマーで蒸気によるスキンケアができたりと、しわ改善のケアにもぴったり。
ここからは、ホームケアでのしわ対策に活用できる、おすすめの美容家電を3つご紹介します。

ヤーマン「フォトプラス プレステージ プロ」

10の機能を搭載し、本格的なホームケアが誰でも簡単にできると人気のシリーズの中でら、最高峰に位置する美顔器が「フォトプラス プレステージ プロ」です。独自構造の「二重リング電極」によるRF(ラジオ波)やイオン導出・導入、EMS、クールなど、多彩な機能を一台に搭載し、上質なホームケアを叶えます。
温めながら潤い保湿、表情筋トリートメントができ、デリケートな目元のお手入れも可能。赤・橙・青のLEDが自動的に切り替わるなど、エステサロンさながらの機能を備え、メニューも豊富です。
潤い感やハリ、お肌の明るさなど、気になるパーツごとに、その日の肌状態や必要に応じて、自宅でも本物のお手入れを楽しめます。

ヤーマン「フォトプラス プレステージ プロ

ARTISTIC&CO「Miss Arrivo THE WRAITH(ミスアリーヴォ ザ レイス)」

インサートパルス、EMS、中・高周波の3つの働きを同時に実現する技術で、「導入する・働きかける・温める」のお手入れが同時にでき、まるでエステティシャンのタッピングを受けているかのようなケアが自宅でできる美容マシン「Miss Arrivo THE WRAITH(ミスアリーヴォ ザ レイス)」。インサートパルスで美容液成分を肌へ補給し、しわが気になるパーツもしっかりケアするほか、赤・緑・青のLEDによるトリートメントもできます。
また、EMSによる表情筋トレーニングは毎日使用できるので、少しずつ表情筋の癖を正していきたい人にもぴったりです。

ARTISTIC&CO「Miss Arrivo THE WRAITH(ミスアリーヴォ ザ レイス)

パナソニック「イオンブースト EH-SM50」

「イオンブースト EH-SM50」は、顔に装着することで、いつものスキンケアアイテムの浸透を促すマスク型の美顔器。乾燥によるしわに悩んでいる人のデイリーケアに便利です。
ユニークな形状は、掃除や家事をしながら装着でき、「ながら美容」にも使いやすく時短のしわケアにも◯。シートマスクと一緒に使用することもできます。
「高分子浸透技術」を採用した独自設計の電極で、化粧品類の水分を通じて顔全体にイオンの流れを作り出し、分子が大きく浸透しにくい美容成分を肌の角質層まで届けられるよう考えられています。

パナソニック「イオンブースト EH-SM50

しっかり対策してしわのできにくい肌に!

しわは加齢によって増えやすいものではありますが、きちんとしたスキンケアを意識することで、できにくくしたり、目立ちにくくしたりできる可能性があります。
しわ対策は、「できる前に対策をする」のがベスト。今日からできることをコツコツと取り入れていくことが、将来のしわ対策につながりますよ!

この記事の執筆者
美顔研究所 編集部
この記事の執筆者

美顔研究所 編集部

最新トレンドからお悩み、体験談まで、美容に関するあらゆる情報を発信していきます。