美容の悩み

顔のたるみの原因と予防は? 美顔器のおすすめ機能を紹介

公開日:

 更新日:

老け見えの一番の原因となる「たるみ」。30代半ばあたりから徐々に気になり始める方が多いのではないでしょうか。
この記事では、たるみが発生する部位ごとの違いや原因のほか、ケア方法やたるみケアに取り入れたい美顔器の選び方について、詳しく解説します。

※本記事における「浸透」「導入」とは、角質層までの浸透・導入のことを指します。
※リフトアップやたるみ・シワ改善効果が認められた「リフトアップ美顔器」はありません。本記事では、肌の引き締め効果がある商品を紹介しています。

顔のたるみが起こる部位と原因は?

ひとくくりに顔のたるみといっても原因はさまざまで、皮膚がたるんでいるのか、脂肪がたるんでいるのか、筋肉が衰えているのかといった違いがあります。フェイスラインがたるんでしまう主な原因を押さえておきましょう。

皮膚のたるみ:コラーゲンやエラスチンの減少

肌のハリや弾力を保つために大事な役割を担っているのが、真皮に存在するコラーゲンやエラスチンです。
コラーゲンやエラスチンは紫外線や乾燥、加齢などの影響により、生成量が減ったり質が低下したりします。それによりハリと弾力が失われると、余った皮膚が下がり、たるみとなるのです。肌のハリと弾力を保つためにも、コラーゲンやエラスチンの量と質を保つことが重要です。

紫外線による影響

人の肌に影響を及ぼす紫外線は、UV-AとUV-Bの2種類がありますが、特に波長が長いUV-Aは真皮にまで到達し、コラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。また、紫外線の影響によって正常なコラーゲンの生成能力も低下します。

乾燥による影響

肌が乾燥するとハリや弾力が失われるため、たるみの原因となります。また、肌が乾燥するとバリア機能が低下して外的刺激を受けやすくなり、活性酸素が発生します。活性酸素はコラーゲンの柔軟性を低下させ、肌の弾力を奪うのです。

加齢による影響

年齢を重ねることで、体内でのコラーゲンの合成力は衰えていきます。また、コラーゲンの弾力自体が低下して硬くなるため、フェイスラインのたるみにつながります。

脂肪のたるみ:皮下脂肪を支えきれなくなる

たるみは、脂肪が多いところに発生します。表皮、真皮の下に脂肪層がありますが、加齢によって皮下脂肪が増え、それを支えきれるだけのハリが失われると、たるみとなって表れるのです。
また、むくみもたるみを助長させる場合があります。むくみは真皮の組織の機能低下を招くため、たるみの悩みを生まないためにもケアが大切です。

筋肉のたるみ:表情筋の衰え

年齢を重ねると徐々に筋力が低下し、筋肉自体が小さくなっていきますが、顔の筋肉にも同じことがいえます。顔の表情筋は約40種類ほどありますが、私たちが日常で使えている表情筋は、このうち20〜30%程度といわれています。表情筋は意識的に使わないとどんどん衰えていきますし、表情筋を使わないと顔全体の代謝も悪くなるため、顔のむくみやたるみの原因にもなるのです。

たるみの原因については、こちらの記事もご覧ください。
顔のたるみの原因とは?たるみ改善の表情筋エクササイズも紹介

顔のたるみ予防・ケアのためにできることは?

原因がわかれば、顔のたるみを予防・ケアするために必要なことも見えてきます。次にご紹介する方法を、日常のケアに取り入れてみましょう。

365日紫外線対策を

前述したとおり、紫外線は真皮のコラーゲンやエラスチンを破壊し、コラーゲン自体の弾力を失わせます。顔のたるみにつながらないように季節や天候を問わず、365日紫外線対策を行うことが大切です。

生活習慣や姿勢の見直し

生活習慣が乱れると活性酸素が発生し、肌の弾力を低下させてしまいます。適度な運動やバランスのとれた食事を意識して、できるだけストレスのない規則正しい生活を送ることが大切です。
また、猫背やストレートネックも顔がたるむ原因となりますので、正しい姿勢を心掛けてください。

表情筋を鍛える&マッサージ

表情筋は、使わないとどんどん衰えてしまいます。また、眉間にシワを寄せたり、頬杖をついたりといった癖も、顔のたるみの原因となります。
顔ヨガや表情筋トレーニングで表情筋を鍛えたり、癖でよく使う部分をマッサージでほぐしてあげたりするのがおすすめです。

エイジングケアアイテムを取り入れる

毎日のスキンケアに、肌にハリ感を与えてくれる美容成分を取り入れましょう。ビタミンCやコラーゲン、レチノールなどがおすすめです。
より効率的かつ効果的にたるみケアをしたい人は、美顔器を取り入れてみてください。セルフケアだけでは得られない美容効果を期待できますよ。

たるみケアにおすすめな美顔器の選び方

毎日のケアが基本ですが、よりしっかりとたるみケアをしたい人は、たるみケアに効果的な美顔器を取り入れるのもおすすめです。
たるみケアには、どのような機能のついた美顔器を選ぶのがいいのでしょうか。たるみケアを考えるときに選びたい美顔器の機能をご紹介します。

超音波

超音波は、人には聞き取れないレベルの微細な音の振動を肌に与えることによって血行を促進し、リンパの流れを整えるため、むくみケアに効果的です。肌の代謝を促すことでハリのあるすこやかな肌を保つことができます。また、表情筋を刺激することから、引き締め効果も期待できます。

イオン導入

イオン導入とは、機器を使用して肌に微弱な電流を流すことで、本来は肌の表面にしか届かない成分を肌の奥まで届ける機能のことをいいます。イオン導入をすることで、手で塗布する場合と比べて30倍から100倍ほどの浸透効果が得られるとされています。

たるみケアには、コラーゲンの生成を促進するビタミンCや線維芽細胞(皮膚の真皮にあり、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった若々しさに欠かせない成分を作り出す細胞のこと)を活性化させてくれるプラセンタなどがおすすめです。

EMS

EMSとは、Electrical Muscle Stimulationの略で、電気的筋肉刺激のことをいいます。自分では動かしづらい筋肉に微弱な電流を流すことで、筋肉を刺激できます。それにより、表情筋が刺激され、リフトアップ効果が期待できるのです。

スチーマー

スチーマーは、水を細かい蒸気にして肌にあてることで肌をやわらかくし、潤いで満たすので、たるみの一因となる乾燥対策に有効です。また、超音波やイオン導入といった別の美顔器と併用することで、その作用を高めるのにも一役買ってくれます。
ただし、肌にあてた蒸気は使用後には蒸発するため、そのまま放置するとかえって乾燥を招くことがあります。使用時間をきちんと守り、使用後はしっかりと保湿をするようにしましょう。

マイクロカレント(微弱電流)

マイクロカレント(微弱電流)は、低周波と高周波のあいだに位置する中周波の電流を用いた機能です。
人間の体で新陳代謝が正常に行われ、新しい細胞へと日々生まれ変わっているのは、元々人間の体に生体電流が流れており、その電流によって細胞が刺激されているからです。しかし、加齢やストレス、生活習慣の乱れなどによって生体電流が乱れると、代謝が悪くなったりターンオーバーが乱れたりします。
マイクロカレントには、生体電流の乱れを整える効果や細胞を活性化させる効果があります。ターンオーバーを整えることでバリア機能を高めたり、コラーゲンの生成を促したりすることができるでしょう。

ラジオ波(高周波)

ラジオ波とは、高い周波数の電磁波のことです。電磁波を肌に流すことでジュール熱を発生させ、肌を内側から温め、肌の代謝を活性化させる効果があります。
また、真皮に熱損傷を与えることで、コラーゲンを作る線維芽細胞を活性化させる効果も期待できます。これらの効果から、引き締めやむくみ防止、ハリ感アップなどが期待できるのです。

LED

LEDとは、発光ダイオード(光る半導体)のことです。主な光の色は5種類あり、それぞれ期待できる肌への効果が異なります。
赤は血行促進と肌の弾力感アップ、黄色はターンオーバー正常化&メラニンの排出サポート、緑は色素沈着防止&肌の透明感向上、青は殺菌効果(ニキビ対策)、白は細胞活性化に効果的だといわれています。赤のLEDを選ぶことで、ハリ感アップを狙えるでしょう。

エレクトロポレーション

エレクトロポレーションは、電気パルスの力で皮膚表面に一時的に隙間を開け、肌の奥に美容成分を届ける機能です。イオン導入の約20倍の効果があるといわれており、イオン導入では難しい大きい分子の成分も届けることができます。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分を用いれば、ハリ感や弾力感アップが叶うはずです。

ローラー美顔器

ローラー美顔器は、フェイスラインに沿ってコロコロと美顔器を動かすことで血行やリンパの流れを促進するため、むくみやたるみのケアに有効です。

自分に合った方法や美顔器を選んで、積極的なたるみケアを

見た目年齢にも大きな影響を与える肌悩みであるたるみ。たるみケアは日々のケアに加えて、美顔器などのスペシャルケアアイテムを取り入れることで、より効果的に行うことができます。
ご自身のライフスタイルに合ったたるみケアを取り入れて、すっきりしたフェイスラインを目指してみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者
美顔研究所 編集部
この記事の執筆者

美顔研究所 編集部

最新トレンドからお悩み、体験談まで、美容に関するあらゆる情報を発信していきます。