自宅エステ

スキンケアの基本・洗顔の正しい方法を解説!

公開日:

 更新日:

洗顔は、正しい方法で行わないとリスクを伴うスキンケアです。しっかりと汚れを落とそうとゴシゴシすると、摩擦によってニキビができたり、必要な皮脂やバリア機能まで落としたりしてしまい、肌のトラブルの原因になることも…。
ここでは、洗顔によって起こるトラブルのほか、正しい洗顔の方法とその手順などについてご紹介します。

※本記事における「浸透」「導入」とは、角質層までの浸透・導入のことを指します。

正しい洗顔はなぜ重要?

「洗顔はスキンケアの基礎」とはよく聞くものの、その理由を詳しく理解できていない人もいるのではないでしょうか。正しい方法を確認する前に、洗顔の重要性をご紹介します。

トラブル予防やスキンケアの浸透アップにも関係

洗顔料の主な役割は、汗や肌に付着したほこりなどの水性の汚れや、クレンジングで落としきれなかった汚れを取り除くこと。洗顔で汚れをきちんと落とさないと雑菌が繁殖し、ニキビや肌荒れなどにつながります。

また、肌表面に汚れが残っていると、その後のスキンケアがなじみにくくなるという問題もあります。化粧水や美容液といったスキンケアの浸透を高めるためには、正しい洗顔で肌をまっさらな状態に整えておくことが重要です。

洗顔時の摩擦によるダメージがさまざまなトラブルの原因に

洗顔時は少なからず肌がこすれるものですが、行きすぎた摩擦はさまざまなトラブルにつながります。不適切に使い続けると少しずつ肌に負担がかかり、乾燥や赤み、毛穴の目立ち、きめの乱れなど、さまざまな肌トラブルを誘発することも。

また、摩擦は乾燥小じわやシミ・色素沈着を引き起こしたり、ターンオーバーの乱れによるくすみにつながったりと、エイジングを加速させる原因にもなりえます。肌表面だけでなく真皮にまで力がかかると、ハリ・弾力を司る組織がダメージを受けて、しわ・たるみを助長させてしまうケースもゼロではありません。あらゆる肌トラブルを避けるためには、正しい洗顔方法を実践することがマストといえます。

正しい洗顔方法と手順

それでは早速、正しい洗顔の方法を手順に沿って見ていきましょう。洗顔は無意識に行ってしまいがちなので、おさらいの意味も込めて確認してみてください。

1.手を洗って清潔にし、ぬるま湯で予洗いする

シャンプーの前に、ぬるま湯で頭皮と髪の汚れをある程度落とすのと同じように、顔の汚れもまずはぬるま湯で軽く落としておきます。冷水だと汚れが浮きにくく熱湯では皮脂を奪いすぎてしまうため、人肌程度のぬるま湯がベストです。

2.洗顔料をたっぷり泡立てる

洗顔料を手や泡立てネットに出し、レモン程の大きさになるまでよく泡立てます。使用量の目安は、一般的なチューブタイプの洗顔フォームなら1~2cm、ジェルやリキッドの場合は1円玉程。迷ったら、やや多めにするのがおすすめです。

泡立てが重要な理由

洗顔時に余計な力をかけないためには、十分な量のキメ細かい泡にした洗顔料で洗うことが大切。弾力のある泡は、手と肌のあいだでクッションの役割を果たしてくれるため、自然と摩擦が起きにくくなります。また、顔に洗顔料が密着し、皮脂や汚れが落ちやすくなるというメリットも。

泡立てのコツ

洗顔料を泡立てるコツは、手でもネットでも、空気を含ませるようにしながら泡を揉み込み、少しずつ水を足すこと。泡ができてくると手からこぼれやすくなってしまうので、落ちないように受け止めながら徐々に揉み込んでいくのがポイントです。ただ、レモンの大きさというだけではなく、もっちりとした弾力のある泡を作ることを意識しましょう。手を逆さにしても、垂れてこないのが理想の泡です。

泡立てネットの注意点

泡立てネットには、意外と雑菌が溜まりやすいもの。使用した後はきちんと洗って乾かし、一定期間使ったら買替えの検討を。

泡立てが面倒、ネットの管理ができないという人は、泡で出てくるタイプを選ぼう

洗顔時に「洗顔料がうまく泡立てられない」「泡立てが面倒」「泡立てネットを清潔に保管できる自信がない」といった場合には、初めから泡で出てくるタイプを選ぶのもあり。摩擦が起きにくいように、ジェルのような厚みがあるテクスチャーを採用したタイプもあるので、併せてチェックしてみてくださいね。

3.Tゾーンから洗顔料の泡をのせていく

肌にふれた瞬間から潤いが奪われやすくなるので、洗顔料の泡は皮脂の分泌量が多いTゾーン(額・鼻・鼻筋)からのせます。次に、フェイスラインや頬といったUゾーンに広げましょう。皮膚が特に薄い目元・口元は、この時点ではまったくのせないくらいで大丈夫です。

4.洗顔料の泡を押すように肌になじませる

目元・口元を除いた顔全体に泡を広げたら、泡をごく軽い力で押すようになじませます。摩擦がNGとはいえ、まったく洗わないと汚れが落ちないので、肌にふれるかふれないかくらいの優しい力加減が適切。
目元・口元には、このタイミングでさっと泡をなじませれば、潤いを保ったまま不要な汚れだけを落とせます。泡を肌にのせたままにすると乾燥を招くので、全体を通して長くても1分程度が目安です。

5.ぬるま湯でなじませるように洗い流す

ぬるま湯で、すすぎ残しがないようにしっかり洗い流します。潤いが必要以上に奪われるのを防ぐため、すすぎもスピード感が命です。
ぬるま湯を手にすくい、少しずつ顔につけるようなイメージで優しくすすぎましょう。シャワーを直接顔にあてるのは、負担がかかるため控えてください。また、フェイスラインや髪の生え際は、特に洗い残ししやすい部位。洗顔料が残るとニキビや肌荒れにつながるので、最後に鏡で泡残りがないか確認も忘れずに。

6.清潔なタオルで水気を拭き取る

洗顔後の肌は刺激に弱い状態なので、タオルでこすってしまうとバリア機能がさらに低下してしまいます。顔を拭く際は、水気をタオルに吸わせるイメージで優しく押さえましょう。肌あたりの良い清潔なタオルのほかに、肌の負担にならない繊維で作られた洗顔後向けのクレンジングタオルを用意するのもおすすめです。

洗顔により肌の潤いは流出し、水気を拭き取った後は急速に乾燥してしまいます。タオルで水気を押さえた後は、化粧水や乳液ですぐにたっぷり保湿するのが鉄則。

洗顔料は肌に合ったタイプを選ぼう

洗顔料は、それぞれ形状や配合成分もさまざまで、異なった特徴を持っています。自分の肌に合うものを見つけるためのヒントをいくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。

乾燥しやすい肌&敏感肌には、アミノ酸系の洗顔料+保湿成分配合タイプがおすすめ

乾燥肌の人や肌がかさつきやすい秋冬には、脱脂力が弱いアミノ酸系の洗浄成分を使用した洗顔料が一押し。なお、敏感肌も乾燥が原因で生じることがあるので、同様の基準で選んで問題ありません。加えて、摩擦が起きにくい泡で出てくるタイプもおすすめです。

また、洗顔料は洗い流してしまうものとはいえ、保湿成分が配合されているほうが洗顔後の乾燥を防ぎやすいとされています。糖類やオイル類のほか、セラミドやアミノ酸といった肌に存在する保湿成分が配合されているかをチェックしてみてください。

皮脂量が多い肌は、クレイなどの吸着成分配合タイプを。石鹸系の洗浄成分も◎

オイリー肌の人や皮脂量が増える春夏には、過剰な皮脂や不要な角質をしっかり吸着するクレイ(泥)・炭・酵素などの吸着成分(洗浄補助剤)や、脱脂力が高い石鹸系の洗浄成分を配合したものがおすすめ。洗顔後のぬるつきや、「落としきれていない感」が気になる人は一度試してみては?

ニキビができやすい人は、薬用&ノンコメドジェニックテスト済みの製品をチェック

ニキビができやすいなら、ニキビ予防をうたっている医薬部外品(薬用)の洗顔料を選びましょう。ノンコメドジェニックテスト済み(ニキビの元になるコメドができにくいことを確認するテストのこと)である点も、選ぶ際の指標になります。

配合される有効成分としては、グリチルリチン酸ジカリウムやグリチルレチン酸ステアリル、アラントインといった、肌をすこやかに保つ成分が代表的。大人ニキビは乾燥が原因になっていることも多いので、これらの成分に加えて保湿成分も配合されているのが理想です。

10代のニキビの場合は、上記のほかにサリチル酸・イオウ・イソプロピルメチルフェノールなどの殺菌成分が入ったものも有効。ただし、肌が敏感なときは刺激になる可能性もあるので、使い始める前にはパッチテストから。違和感があったら使用を中止してください。

これは正しい洗顔?間違い洗顔?

「正しい洗顔」を調べていると、さまざまな考えや方法を目にすることも多いのではないでしょうか。「本当はどうしたらいいの?」と悩んでしまう人のために、よくある洗顔方法について正しいor間違いかをズバリお答えします。自分の肌に合うことが一番なので一概には言えませんが、参考にしてみてください。

朝、洗顔をしない:間違い

洗顔料は主に汗・ほこりといった水性の汚れを落とすもの。朝の肌には、寝ているあいだに分泌された汗やちり・ほこりなどが付着しています。ぬるま湯だけできっちり落とすのは難しいため、朝も洗顔料を使うのが原則です。ただし、もちろん肌の状態によりますので、自分の肌の状態を見て判断してくださいね。

朝と夜の洗顔料を変える:正しい

必ずしも違うものを使わなければいけないというわけではありませんが、目的に応じて朝と夜で洗顔料を変えるのは問題ありません。

朝は寝ているあいだに分泌された過剰な皮脂や汗、睡眠中に付着したほこりなどを落とすのが主な目的。夜は日中に分泌されて蓄積・酸化した皮脂、クレンジングで落としきれなかったメイク汚れ、それらと混ざり合った不要な角質などを落とすのが目的です。朝起きたときと帰宅時の肌状態を観察しながら、その時々の肌に合った特徴を持つ洗顔料を選んでください。

季節によって洗顔料を変える:正しい

洗顔料は、自分の肌質によって変えることが基本ですが、大抵の場合は季節によって肌の状態も変化するもの。皮脂量が増す春夏は洗浄力が高いもの、肌が乾燥しやすい秋冬は保湿成分が配合されたしっとり洗い上がるタイプにするなど、上手に切り替えるといいですね。

毎日の洗顔だけで十分:間違い

肌表面の汚れは毎日の洗顔で落とせても、知らず知らずのうちに毛穴の奥に詰まった汚れが蓄積すると、黒ずみやくすみの原因に。よりクリーンな肌を目指すなら、週に1回程度のスペシャルケアを取り入れるといいでしょう。
スペシャルケアアイテムとしては、洗い流すタイプのクレイパックや酵素洗顔、フェイススクラブ、ゴマージュなどがありますが、美顔器を活用するのも一手。クレンジングや洗顔では落としきれない毛穴の汚れ・メイク残りを、微弱な電流によって浮かせて吸着するイオン導出機能を搭載しているものは、特におすすめです。

イオンクリーンモード付きの美顔器「Miss Arrivo THE WRAITH」

Miss Arrivoシリーズの最上位機種「Miss Arrivo THE WRAITH(ミスアリーヴォ ザ レイス)」。汚れを吸着する「イオンクリーンモード」、表情筋に働きかける「EMSモード」、美容成分を肌の奥まで届ける「M/Uモード」を使い分けることで、多方面から美にアプローチします。

ARTISTIC&CO.「Miss Arrivo THE WRAITH(ミスアリーヴォ ザ レイス)

スキンケアの基礎である洗顔を正しい方法で行って、スキンケア効果をアップ!

洗顔は、スキンケアの基礎ともいえるステップ。正しい方法と手順、そして肌に合った洗顔料を選んで使うことで、その後のスキンケアの本領も発揮されます。
毎日、つい無意識に顔を洗ってしまいがちという人は、この機会に洗顔の習慣を見直してみませんか?

この記事の執筆者
美顔研究所 編集部
この記事の執筆者

美顔研究所 編集部

最新トレンドからお悩み、体験談まで、美容に関するあらゆる情報を発信していきます。