自宅エステ

目の疲れは美容に悪影響?疲れを改善していきいきした表情に

公開日:

 更新日:

日常生活にスマートフォンやパソコンが欠かせなくなり、目を酷使することが増えました。目がかすむ、重い、乾燥する、まぶたを押すと痛いなど、目の疲れが気になる人も多いでしょう。目の疲れは不快なだけでなく、放っておくと体にさまざまな悪影響を与えることがあります。さらに、目やまぶたのケアを怠ると肩こりやたるみ、しわの原因になったり、老けて見えたりすることも…。
ここでは、気づいたときにケアしておきたい目の疲れについて、予防方法や改善方法をご紹介します。

※本記事における「浸透」「導入」とは、角質層までの浸透・導入のことを指します。

この記事の監修者

中村 仁美
ナカデンビルクリニック院長

北里大学医学部を卒業後、皮膚科専門医を取得。東洋医学も用いながら皮膚治療や美容治療を行う。
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本東洋医学会認定漢方専門医。

ナカデンビルクリニック
Instagram

目の疲れが美容に影響する?

「目が疲れた」という場合、目のかすみや乾燥、充血などが表れる場合が多いようです。こうした症状を感じたとき、多くの人はパソコンやスマートフォンなどを見るのをやめて、目を休ませようとするのではないでしょうか。
しかし、疲れ目の状態がしばらく続いていると、少し休んだくらいでは症状は改善しません。さらに、目の疲れは体調にまで影響する可能性があります。

目の疲れが体に与える影響

体に異常が表れる理由は定かではありませんが、見えにくくなることで不自然な姿勢になったり、無理に目を凝らして見ようとしたりすることが原因のひとつと考えられます。
例えば、パソコンのモニターが見えにくいと、首を前に突き出すような前傾姿勢になることがあるでしょう。視界がぼやけた中で文字を見ようとして、1点に集中しすぎたりすることもあるかもしれません。そういった不自然な姿勢を続けることで筋肉がこり固まり、血行不良から頭痛や肩こりへつながる場合があります。ひどくなると日常生活に支障をきたす場合もあるため、「疲れた」と思ったらすぐに対処することが大切です。

目の疲れが美容に与える影響

姿勢が固まって緊張した状態が続くと、血行不良によるクマの原因に。
さらに、物が見えづらくなると、ぐっと目を細めたり眉間を寄せたりすることが増えますが、何度も繰り返すうちに、眉間に表情じわが深く刻まれてしまいます。

クマについては、こちらの記事もご覧ください。
目の下のくまの原因を徹底解説!おすすめ目元ケアを紹介

目の疲れを予防するには?

ある程度の目の疲れは、現代社会において避けては通れないものです。大切なのは、疲れを溜め込んだままにしないこと。できる限り目に負荷をかけにくい環境を整え、疲れたと感じる前に目を休めることを意識してください。目の疲れを予防する、具体的な方法を4つご紹介します。

環境を整える

パソコンや書類に向かう時間が長い仕事の人や、テレワークでデスクワークがメインの人は、長時間目を使うことを前提に環境を整えましょう。
まずは、パソコンと目のあいだが40cm以上になるよう、作業台の大きさ、パソコンを置く位置、椅子の位置などを調整します。この距離で画面が見えにくい場合は、適切な矯正視力が出るメガネやコンタクトを使用することがおすすめです。作業中はブルーライトカットのメガネなどを使用するのもいいでしょう。
次に、正しい姿勢をとります。正しい姿勢とは、椅子に深く座ったときにひざの角度が90°以上になる状態。モニターは目線より少し下の位置に置くと、楽に見ることができます。室内が乾燥していると、目も乾燥して疲れが加速しますから、湿度は50~60%を保ったり、適宜目薬をさしたりすることを心がけてください。

目を休める時間を作る

パソコンで何か作業や調べ物を始めると、つい時間が経つのも忘れて没頭する人は多いでしょう。しかし、画面を長時間凝視するのは疲れの元。1回の作業時間は1時間にとどめ、15分程度の休憩をとることが大切です。
休憩中はパソコンやスマートフォンの画面から目を離し、別の作業をしたり、遠くを見たりして目を休めます。蒸しタオルやホットアイマスクなどで、目の周りを温めて血行を促進することもおすすめです。

目を動かす

疲れたと思ったら、意識的に眼球を動かすと目の周りの筋肉がほぐれます。眼球を上下、左右に2・3回動かした後、ゆっくりと円を描くように1周する目の体操を、作業の合間に5分程度挟みましょう。意識的にまばたきを増やすことも目の運動になります。

目のための栄養素をとる

目にいいとされる栄養素を積極的にとるのもおすすめです。例えば、以下のような栄養素が、目の健康に効果的とされています。

ビタミンA

ビタミンAは、目の正常な機能の維持を助ける栄養素です。基本的には、長期的に偏った食事をしない限り不足する危険は低いといわれていますが、万が一不足すると目の角膜や粘膜がダメージを受け、最悪の場合は視力が低下して失明する危険もあります。
ニンジン、ホウレンソウ、カボチャ、鶏レバー、豚レバー、うなぎなどに多く含まれているので、食事にうまく取り入れましょう。

ビタミンB1

炭水化物からエネルギーを作り、皮膚や粘膜の健康維持を助けるのがビタミンB1です。目の充血や、眼精疲労による視力低下の予防に効果的とされています。
玄米、絹ごし豆腐、さつまいも、豚ヒレ肉などに多く含まれます。

ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用や血行促進作用があり、疲れ目やドライアイに効果的です。さまざまな食品にビタミンEは自然と含まれているので、偏りのない食事をすることで必要量を摂取できます。
手軽にとるなら、ひまわり油、ベニバナ油などの植物油、ナッツ類、ブロッコリーなどがおすすめです。

ルテイン

ルテインは、光の刺激をやわらげ、コントラスト感度を改善して目の調子を整えます。含有量が多いのは、小松菜やホウレンソウ、ケール、モロヘイヤといった緑黄色野菜。スムージーにしたり、サラダにしたりして、積極的に摂取することをおすすめします。

アントシアニン

アントシアニンは、ブルーベリーやナス、紫芋などに含まれるポリフェノールの一種。植物が自分の身を有害な紫外線から守るために蓄える天然の色素です。アントシアニンには、パソコン作業や事務作業などで目を酷使することによる疲労感、ピント調節機能の低下を緩和し、目の調子を整える効果があることがわかっています。

美顔器で目の疲れを改善しよう

目の疲れは、美顔器でも改善を図ることが期待できます。ここからは、目の疲れの改善におすすめの美顔器をご紹介します。

ANLAN「アイマッサージャー」

「アイマッサージャー」は目元ケア専用のアイウォーマーです。通常のアイマスクの要領で装着すると、内蔵されているエアバックに空気が満たされ、目元からこめかみにかけて圧がかかります。目の周りを心地良い力でマッサージされている感覚で、こりがやわらぐのを実感できます。約42℃の温熱で、じんわり温まるのも◎。
また、レンズ部分は半透明なので、着けたままでも周りの様子を確認できます。仕事中、目の疲れを感じたときに装着すれば、作業しながら目を休めることができるでしょう。

ANLAN「アイマッサージャー」

パナソニック「スチーマー ナノケアEH-SA0B」

「スチーマー ナノケアEH-SA0B」は、温スチームでやわらかくなった肌にミスト化した化粧水が浸透する、ダブル保湿効果がうれしいスチーマーです。スチームの粒子が非常に細かく高密度なので、1回でぐっと潤いがアップ。化粧水と水分の温度は温冷の切り替えが可能なので、1台で肌をみずみずしく満たした上で、キュッと引き締めることができます。
肌はもちろん、目の疲れにも有効で、水蒸気でドライアイの軽減が見込めるほか、温めることによって目の周りをほぐす効果が期待できます。

「スチーマー ナノケアEH-SA0B」は、温スチームでやわらかくなった肌にミスト化した化粧水が浸透する、ダブル保湿効果がうれしいスチーマーです。スチームの粒子が非常に細かく高密度なので、1回でぐっと潤いがアップ。化粧水と水分の温度は温冷の切り替えが可能なので、1台で肌をみずみずしく満たした上で、キュッと引き締めることができます。
肌はもちろん、目の疲れにも有効で、温めることによって顔全体の血行を改善し、目の周りをほぐす効果が期待できます。

パナソニック「スチーマー ナノケアEH-SA0B」

COSBEAUTY「RF美顔器 ラディアンス」

「RF美顔器 ラディアンス」は、RFを広範囲に均一に届けられる「マルチポーラ」という技術が使われた美顔器です。RFはradio frequency(ラジオフリークエンシー)の略で、「ラジオ波」としてエステや医療機関でも使われており、30~300MHzの高周波の電磁波を肌に流すことで深層部まで熱を届け、血流や新陳代謝を改善します。また、肌内部の組織だけにダメージを与えることによって、肌のハリや弾力の源になるコラーゲンやエラスチンの再生を促すとされています。
目の周りにRFをあてることで、緊張状態にある筋肉がほぐれ、血行も改善し、目の疲れがとれるでしょう。同時に、気になるめまわりのしわやたるみに働きかける効果も期待できます。

COSBEAUTY「RF美顔器 ラディアンス」

ARTISTIC&CO.「Miss Arrivo THE WRAITH」

「Miss Arrivo THE WRAITH」は、高級美顔器Miss Arrivoシリーズの最上位機種。イオンの作用で、普段のクレンジングでは落としきれない汚れや古い角質を除去する「イオンクリーンモード」、微弱電流を流して表情筋を刺激する「EMS」、光の波長によって肌悩みにアプローチする「LED」の機能が1台に集約されています。
また、中・高周波とEMS、美容成分を角質層まで浸透させるインサートバルスを合わせた3つの働きを同時に発揮するULTRAPULSEモードのほか、ULTRAPULSEモードを断続的に作用させることで筋肉を収縮させるMFIPモードも搭載。
EMSモードやULTRAPULSEモード、MFIPモードを気になる目元にあてることで、深部からこりをほぐして疲れを緩和します。目元だけでなく頬や口周りにも活用すれば、フェイスラインのもたつきなどにも効果が期待できます。

ARTISTIC&CO.「Miss Arrivo THE WRAITH」

体にも美容にも悪影響を及ぼす目の疲れ、気づいたらすぐにケアを!

現代人の多くが悩んでいる目の疲れ。それ自体もつらいものですが、疲れを溜め込むことによって健康や美容に影響を及ぼすことにも注意が必要です。
美顔器を上手に活用すれば、目の疲れを改善しつつ、目周りのしわやたるみにも効果が期待できます。目の疲れを引き起こさないように環境を整えるとともに、「疲れた」と感じる前の早めのケアを心掛けましょう。

この記事の執筆者
美顔研究所 編集部
この記事の執筆者

美顔研究所 編集部

最新トレンドからお悩み、体験談まで、美容に関するあらゆる情報を発信していきます。