美顔器

美肌につながる美顔器でのクレンジングのやり方を紹介

公開日:

 更新日:

美肌を目指してクレンジングや洗顔をがんばっている皆さん、その方法はしっかりパフォーマンスを発揮していますか?
今回は効果を実感しやすい美顔器を使ったクレンジングのやり方と、美顔器の種類を詳しくご紹介していきます。

肌の汚れって何?その種類を解説

そもそも、なぜ私たちの肌は汚れるのでしょうか。汚れの原因や種類を理解することで、クレンジングへの理解も深めていきましょう。

花粉や黄砂、ちり、ほこり

肌に付着する汚れの代表格といえば、花粉や黄砂、ちり、ほこりといった、目に見えない厄介な微粒子の汚れです。例えば春になると、肌もムズムズとかゆみが出るのは、花粉や黄砂が肌に付着しているから。私たちの肌は、日常生活の中で常にこうした見えない汚れを浴びているのです。汚れを肌に浴びたまま長時間放置していると、肌トラブルの原因につながります。ほかにも、排気ガスやたばこの煙などにも注意したいですね。

ファンデーションなどの化粧品

ファンデーションなどの化粧品も、肌汚れの原因のひとつ。メイク後にしっかりクレンジングしたつもりでも、落としきれなかった化粧品の汚れが肌に蓄積することがあります。クレンジングの際は、肌タイプに適したクレンジング剤と方法で、ファンデーションなどの汚れを落としてあげることが重要です。

ターンオーバーの乱れ・皮脂の過剰分泌による汚れ

肌の細胞が一定周期で生まれ変わることを「ターンオーバー」といい、肌は約1ヵ月サイクルで、古くなった角質がはがれ落ちます。しかしながら、このターンオーバーが乱れると古い角質が肌に溜まり、角栓ができてしまいます。この角栓が毛穴を詰まらせ、酸化して黒ずみ汚れとなって現れることも…。
また、ホルモンバランスが崩れたり、肌が乾燥したりすることが原因で皮脂が過剰に分泌されることも、汚れの原因となります。

ちなみに、規則正しい生活を送ってターンオーバーや肌状態が正常だったとしても、日々肌から排出される角質や皮脂は、少なからず汚れとして肌に付着しています。外出しない日でも、毎日のクレンジングや洗顔は欠かさないようにしましょうね。

肌の汚れを落とす方法には、どんなものがある?

化粧をしない日はクレンジングや洗顔料を使用しない人がいますが、実は目に見えない肌汚れは、水洗い、お湯洗いだけでは十分に落ちていないことがほとんどです。肌質や肌状態に合わせて適切なクレンジングや洗顔料を使用し、優しく汚れを落とすようにしましょう。

例えば、オイルクレンジングは比較的洗浄力が強く、濃いめのメイクも簡単に落とせるため、肌にファンデーションなどが残る心配も軽減されます。泡クレンジングであれば、弾力泡で肌との摩擦を軽減しやすいため、敏感肌の人も安心。酵素洗顔は、古い角質や皮脂の詰まりなどに効果的といわれ、ごわつきが気になる人にぴったりです。
また、古い角質や毛穴の汚れなどを一掃するスペシャルケアとして、ピーリングや毛穴パックも定期的に使いたいアイテムとして挙げられます。いずれも肌の状態や目的に応じて、使い分けをしてくださいね。

ただし、どのアイテムにおいても、汚れを落とそうと強く洗ってしまうと、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌荒れや乾燥などのトラブルにつながります。あくまでも、「優しくクレンジング」がおすすめです。

美顔器を使ったクレンジングのメリット

化粧の有無にかかわらず、目に見えない汚れを落とすことの大切さがわかったところで、美顔器を使用したクレンジングについて見ていきましょう。美顔器でのクレンジングは、通常の洗顔やクレンジングでは落ちない肌の奥の層まで入り込んだ頑固な汚れを落とすことができるため、美肌を目指すならぜひとも取り入れたいもの。美顔器でのクレンジングのメリットは、こんなにあるんですよ。

美顔器を使ったクレンジングのメリット

・硬くなった角質をやわらかくして汚れを落としやすくなり、美容成分が肌の深部まで浸透。
・肌を引き締め、むくみを解消するなど、ただ落とすだけではないプラスα効果。
・ニキビ改善や毛穴の引き締めなどの美容効果。
・摩擦レスケアで、短時間で効率良く肌の奥深くまで汚れを落とすことができる。
・スチーマータイプの美顔器を併用することで、蒸気の力で顔全体を温めて毛穴が開き、肌をやわらかくして汚れも落としやすい状態に。

美顔器を使ったクレンジングは肌にうれしいことばかりです。ぜひ毎日の肌ケアに取り入れてみてくださいね。

クレンジングに使用できる美顔器の種類

美顔器の種類は数多くあります。ここでは、クレンジング時に特に使いたい、「超音波美顔器」と「イオン導入・導出美顔器」の2つを詳しく紹介していきます。

超音波美顔器

超音波美顔器は、周波数を利用して肌を細かく振動させ、毛穴汚れや硬くなった角質、目に見えない汚れを肌の表面に浮き上がらせて落とすことができるといわれています。肌をこすらずに汚れをオフできるのもメリット。また、超音波の振動はマッサージ効果が高く、肌を引き締め、リフトアップにもつながります。
さらに、血行やリンパの流れも良くなるため、新陳代謝、老廃物の排出が促進され、たるみやむくみの改善も期待できます。クレンジング時の利用としてはもちろん、小顔目的で選ぶ人も多くいます。

超音波美顔器は、肌に水分があることで伝わる性質があるため、使用する際は肌に水や化粧水、ジェルなどを塗ってから使用します。ちなみに、振動数に応じて性能に違いがあり、振動数が高いものほどクレンジング効果も高いとされています。
クレンジング目的には、毎秒500万~800万回程振動する超音波美顔器がおすすめ。超音波美顔器は、比較的肌への負担も少ないとされているため、毎日使用しても大丈夫なのも安心ですね。

イオン導入・導出美顔器

イオン導入・導出美顔器は、肌に微弱な電流を流すことで肌表面の汚れはもちろん、通常のクレンジングでは落としきれない汚れをオフしたり、肌の角質層まで美容成分を浸透させたりすることができる美顔器です。

イオン導出とイオン導入の機能のうち、イオン導出がクレンジング効果を持つといわれています。美顔器から出るプラスイオンで、マイナス電子を帯びた汚れを引き寄せる仕組みです。
イオン導入は、美容成分を肌の奥まで届けることができるといわれています。例えば、毛穴汚れが気になる場合は、イオン導出で毛穴の汚れや古い角質を根こそぎ吸着し、イオン導入で毛穴を収縮させる作用がある成分を入れるといったように、それぞれの機能をうまく利用して肌の悩みに対応することが可能です。
イオン導入で使用する代表的な美容成分としては、ビタミンC誘導体やプラセンタ、トラネキサム酸などが挙げられます。毛穴ケアにはグリシルグリシンもおすすめです。成分は目的に応じて選ぶといいでしょう。

使用頻度はメーカーによって大きく異なるため、ご自身の肌の状態と説明書を確認の上、適切な方法で取り入れてくださいね。

美顔器を使ったクレンジングのやり方とは?

ここからは、美顔器を使用した一般的なクレンジング方法を見ていきましょう。タイプの異なる美顔器であっても、基本的にはやり方に大きな違いはありませんが、自己流や間違った使い方で効果を半減させたり肌トラブルを起こしたりしないよう、必ず説明書を確認の上、正しく扱ってくださいね。1.

1.通常のクレンジングと洗顔をする

通常のクレンジングと洗顔で、優しく肌の汚れをオフします。超音波の美顔器の場合は濡れた肌で使うものなので、洗顔後肌は水分を拭かずに使用するか、一度タオルで拭いた後、化粧水やジェルなどをたっぷりと肌全体にのせます。より効果を上げるためには、各メーカーが推薦するスキンケア用品を使うのがおすすめです。

2.美顔器をクレンジング・クリーンモードにして、優しく肌をなぞる

超音波美顔器の場合は、クレンジングモードまたはクリーンモードなど汚れを除去する専用モードにし、ヘッド部分をしっかり肌にあてます。摩擦が起きないよう優しく肌をなぞりながらトリートメントしましょう。肌が十分に濡れていない場合は、水や化粧水、ジェルを適宜追加してください。

ちなみに、美顔器の効果で、肌は美容成分が浸透しやすくなっている状態なので、扱うジェルや化粧水などの成分にも気を配りたいもの。合成着色料やパラベンなどが含まれているものは極力避け、肌の奥に浸透させても良い成分を選ぶことが大切です。

イオン導入・導出美顔器の場合は、化粧水を浸したコットンを美顔器にセットし、イオン導出で肌にあてて汚れを吸着させた後、イオン導入でビタミンC誘導体やプラセンタ、トラネキサム酸といった美容成分を肌の奥へ入れていきます。成分は、目的に応じて選ぶようにしてください。

3.自然な力で美顔器を顔にあてながら老廃物を流す

フェイスライン・口元・頬・目元・おでこの順番で、美顔器を顔の外側に向けて優しく、下から上へ引き上げるように滑らせるのが基本の動かし方です。クレンジングしながら、リフトアップケアやむくみ・たるみケアも行うのがベスト。首筋や顎、小鼻の周りなど、汚れが溜まりやすい部位は丁寧にあててくださいね。
ただし、美顔器の動かした方については、各メーカー・商品によって異なるため、取扱説明書をよく確認することが美肌への近道です。

4.化粧水、乳液など、いつもどおりのスキンケアをする

美顔器で汚れを取り除いた後は、いつもどおりのスキンケアを行い、保湿を十分に行います。お手入れ後の肌はクリアになり、次に入れる化粧水や乳液などの美容成分が入りやすい状態です。美白やしわ、ニキビケアなど、化粧品が持つ本来の力を、より実感しやすいでしょう。

美顔器を使ったクレンジングで美肌を目指そう

今回ご紹介した記事を読んで、「これまでのクレンジングや洗顔では、汚れをしっかり落とせていなかったかも…」と、驚かれた人もいたかもしれませんね。目に見えない汚れや、なかなか落としきれない肌の奥に溜まった汚れを、摩擦なく優しく落とすことができるのが美顔器を使用したクレンジングの大きなメリットです。毛穴の引き締めやニキビ予防など、プラスαの効果もあるので、取り入れない手はないでしょう。

クレンジング利用におすすめの超音波美顔器とイオン導出入美顔器は、仕組みが大きく異なりますが、どちらも普段のクレンジングでは落としきれない汚れや、肌の奥深くの汚れにまで働きかけてくれます。サロンのようなセルフケアを簡単に取り入れることができる美顔器を正しく使用して、透明感のある美肌を目指してください。

この記事の執筆者
美顔研究所 編集部
この記事の執筆者

美顔研究所 編集部

最新トレンドからお悩み、体験談まで、美容に関するあらゆる情報を発信していきます。