美顔器

セルフ美容で美顔器を使う?女性550人のアンケート結果公開!

公開日:

 更新日:

コロナ禍で外出自粛やマスク生活が続き、思うようにエステや美容医療に通えなかったり、今まで気にならなかった肌トラブルが表れたりした人も多いのではないでしょうか。そういったことを背景に増えたのが、自宅で行う「セルフ美容」。 今回は、セルフ美容の高まりで注目度が増した美顔器についてアンケートを行い、女性550人から回答が得られました。

調査概要
  • ・調査期間:2022年7月
  • ・調査対象:全国の美容に興味のある女性
  • ・調査方法:セルフ型ネットリサーチ「Fastask」(インターネット調査)
  • ・有効回答数:550人

普段気になっているお肌の悩みを教えてください(複数回答可)

美容に興味のある女性が現在最も気になる肌の悩みは「シミ・くすみ」で64.4%でした。次いで、「ほうれい線」52.3%、「小じわ」44.5%、「毛穴・黒ずみ」44.2%と続きます。
これらの悩みは、年齢を重ねることだけでなく、肌の乾燥や紫外線ダメージ、生活習慣なども原因となって現れるもの。特にほうれい線は、うつむいて長時間スマートフォンを見ることなどによって、表情筋がゆるむことでもできてしまうため、20代でも気になる人が増えてきているようです。

持っている美顔器のお値段は?

「美顔器を持っていますか?」という質問については37.1%と、4割近くが「持っている」と回答しました。「持っていない」と答えた人のほうが多数派ですが、特に20~30代の若年層での所有率が上がってきているようです。

持っている美顔器のお値段は、「1万~2万円」が31.5%で最多。2万円以下の比較的安価な美顔器を所有する人は、若年層に多い傾向がありましたが、「3万~4万円」以上となると、年齢による偏りはあまり見られませんでした。「11万円以上」と答えた人は10.5%と、1割を超える結果となっています。

持っている美顔器に搭載された機能は?(複数回答可)

持っている美顔器に搭載されている機能は、「イオン導出」「ローラー」が42%で同率1位となりました。ローラーは素材によって価格が大きく変わり、ポリプロピレン(プラスチック)なら、千円台で購入できることも。気軽に購入する人も多いのかもしれませんね。
イオン導出や3位のスチーマーは、ディープクレンジングや美容成分の浸透を助ける効果があるとされ、幅広い肌の悩みに対応できます。持っている人が多いのもうなずけます。

美顔器の機能については、こちらの記事もご覧ください。
美顔器の種類と効果は?なりたい肌やケアの目的別に解説

美顔器を使用する理由は?

美顔器を使用する理由は、「肌悩みを改善したいから」が1位、「今より美しい肌になりたいから」が2位、「スキンケアアイテムの美容効果をアップさせたいから」が3位と続きます。
肌の悩みの改善というとスキンケアアイテムが思い浮かびますが、肌のケア方法の選択肢のひとつとして、美顔器を選ぶ人が増えてきているのかもしれません。

購入の際に決め手になった情報は?

美顔器を購入した際の決め手となった情報源を聞いたところ、1位は「インターネット(比較サイト・口コミサイトなど)」でした。

家族や知人、友人の意見やSNSの情報も上位にランクインし、購入に際にさまざまな商品を比較して購入していることがわかります。

セルフ美容に美顔器を取り入れてみては?

コロナ禍における外出自粛やマスク生活による肌の悩みの増加などによって、セルフ美容に注目する人が増えてきました。美顔器は、エステや美容医療に通わなくても、さまざまな肌の悩みを改善に導いてくれるアイテム。自宅でのケアをワンランクアップさせられるとして、利用する人は増えています。
ただし、美顔器は搭載されている機能の多さでどれを選ぶべきかわからなかったり、本当に効果があるのか不安だったりする人も多いようです。まずはサブスクリプションサービスや、美容家電のレンタルサービスなどを利用し、自分に合っているか、使い続けられるか試してみるのもいいでしょう。

この記事の執筆者
美顔研究所 編集部
この記事の執筆者

美顔研究所 編集部

最新トレンドからお悩み、体験談まで、美容に関するあらゆる情報を発信していきます。