美顔器

くまを解消したい!おすすめの美顔器の機能を紹介

公開日:

 更新日:

年齢や、疲労のサインが現れやすい目元。特に、目の下に現れる「くま」は、それだけで顔の印象を大きく左右します。メイクで隠すのも限界があり、悩んでいる人も多いでしょう。
「目の下のくまといえば寝不足」と思われがちですが、実はくまには3つのタイプがあり、それぞれ原因と対処法が異なります。ここでは、若々しく、いきいきと見える目元を取り戻すため、くまのタイプごとに適した美顔器の機能をご紹介します。

まずはくまのタイプを確認!

くまには、大きく分けて「青くま」「黒くま」「茶くま」の3つのタイプがあります。原因が異なるため対処法も異なり、自分のくまがどのタイプなのかわからないと、改善が難しいです。まずは、それぞれのくまの特徴を見ていきましょう。

青くま

青くまは、睡眠不足やストレス、疲労などによって、目の周りの血行不良が起きたときに現れるものです。青く見えるのは、通常なら鮮やかな赤色をしているはずの血液の流れが滞って青黒くなり、それが目の下の薄い皮膚を通して透けているから。
青くまは、くまの部分を軽く下に引っ張ると色が薄くなります。目の周りを温めることでも、血行が良くなって多少は改善されるでしょう。血色感をプラスしてくれる下地や、コンシーラーなどを使うと気になる青みをうまく隠せることも、青くまの特徴です。

黒くま

皮膚のたるみや小じわ、むくみ、目の下のくぼみなどによって、目の下に影ができてくまに見えるのが黒くまです。黒くまの簡単な見分け方は、上を向くこと。上を向くとたるみの影響を受けにくくなるので、正面を向いていると目立つ黒色が薄く見えます。
影がくまに見えているため、コンシーラーや下地などでは隠すのが難しいでしょう。

茶くま

茶くまは、メラニンによる色素沈着が原因。頬やおでこなどにできるシミとメカニズムは同じで、紫外線ケアを怠ったり、強くこすって刺激が加わったりすることで発生します。
茶くまかどうかを確かめたいときは、目の下の皮膚をそっと引っ張ってみましょう。引っ張られた皮膚に沿って茶くまが動き、青くまのように色が薄くならないようであれば、茶くまである可能性が高いです。
厚塗りにならないよう注意が必要ではあるものの、下地やコンシーラーをうまく使えば周囲の肌になじませることができます。

くまを解消するための美顔器の機能はどれ?

ご紹介したとおり、3種類のくまはそれぞれ原因が異なります。美顔器でくまを解消したいと考えた場合、どの機能が適しているのでしょうか。

青くまにおすすめの機能

青くまは、血行不良の改善がカギ。寝不足やストレスといった日常生活の問題を解決するとともに、血行の促進が解消のカギです。青くま解消におすすめの美顔器の機能は下記の3つです。

RF(ラジオ波)

RFは体に害のない高周波で、ラジオ波とも呼ばれ、医療現場で使われていた技術を美容に応用しました。皮膚の奥深くで熱を発生させて内部から温めることにより、血流を促進して肌を活性化させるため、青くまの解消に適しています。肌表面にダメージはありませんが、コラーゲンのゆるみに作用して再生を促すため、ハリや弾力の回復も見込めるでしょう。

スチーマー

水蒸気(スチーム)を肌に浸透させ、乾いた肌をしっとりやわらかくする機能です。スチーマーから出る水蒸気は、お風呂などの水蒸気に比べてかなり細かいので、毛穴をしっかり開かせて肌の奥まで水分を届けます。
スチーマーの蒸気で肌が温まり、血行が良くなることで、青くまやくすみの解消につながるでしょう。

黒くまにおすすめの機能

黒くまは、たるみやむくみ、小じわが原因なので、肌のハリの改善や、乾燥ケアが解消につながるでしょう。黒くまの解消には、下記の美顔器の機能をおすすめします。

LED(赤)

美顔器のLEDは、LEDの光を肌に照射することで肌トラブルの改善を目指すもので、光の色によって得られる効果も違います。黒くまには、血行を改善してくまやくすみを改善するとされる、赤のLEDがぴったり。コラーゲンやエラスチンのもとになる細胞が活性化し、ターンオーバーの正常化も期待できます。

EMS

EMSはElectrical Muscle Stimulationの略で、肌に微弱な低周波の電流を流し、肌の奥の表情筋を刺激します。たるみが引き締まり、リフトアップ効果が期待できるでしょう。筋肉が動くことで、血行促進も期待できます。目の下の皮膚はデリケートなので、負担をかけないよう美顔器を滑らせるようにして、優しくふれるようにしてください。

超音波

人の耳が音として捉えられない高周波を超音波といい、発生するときに微細な振動を伴います。美顔器の超音波機能は、この振動を利用して普段あまり使わない表情筋を動かし、血行を促すことでくすみやむくみ、しわやたるみ解消を目指します。黒くまの解消にも効果的でしょう。

茶くまにおすすめの機能

茶くまを解消するためは、色素沈着にアプローチする必要があります。美顔器で有効な機能は、大きく2つあります。

LED(緑)

LEDのうち緑色の光には、肌のターンオーバーを正常化させ、色素沈着とメラニンの生成を抑制する効果が期待できます。茶くまの改善のほか、できたシミを薄くしたいときや、うっかり日焼けしてしまった際のシミ予防で使うのも◎。

イオン導入

美容成分をイオン化させ、肌の奥まで浸透させるのがイオン導入です。特に、イオン導入で肌に浸透させやすいビタミンC誘導体には色素沈着を防ぐ効果があり、茶くまの改善に効果を発揮します。

くま解消で美顔器を利用する際のポイント

くま解消の目的で美顔器を使用する場合は、注意しておきたいポイントもあります。押さえておかないと別の肌トラブルを起こすリスクが否めません。美顔器を利用する際には、下記の2点に注意しましょう。

美容液やジェルを併用する

くま解消に効果的な美顔器の多くは、美容液やジェルなどを併用するタイプです。美顔器は肌トラブルの改善を目指せる一方、肌に刺激を与える物でもあるので、負担を軽減するためにもしっかり美容液やジェルを塗って使うようにしてください。

なお、美顔器によって、専用品の使用が推奨される場合と、普段使う基礎化粧品で代用できる場合があります。専用品が推奨されている場合は、効果を最大化させるためにも指示どおり使用するのが望ましいです。
いずれの場合も、目元の皮膚はほかの部分に比べてデリケートであることを忘れず、こすらないこと、強く押しあてないことを意識してください。

使用できる部位を確認する

一般的に顔全体に使える美顔器でも、目元の皮膚は薄いので、目周りへの使用は避けるよう指示されていることがあります。くまを含め、目元のケアが目的の場合は、美顔器を購入する前に使用可能な部位を確認してください。
また、目元への使用を許可している美顔器であっても、頻繁に使いすぎるとかえってダメージを与えてしまう可能性があります。使用する頻度を上げれば効果が上がるわけではないので、説明書などに記載されている使用頻度を必ず守りましょう。

くまのタイプを見極め、効果的に美顔器を使おう

くまを防ぐには、日常生活を改善してストレスや寝不足を軽減し、外出時にはしっかり紫外線をケアして、乾燥を防ぐことが大切です。それでもくまができてしまったら、まずはくまの種類を見極めましょう。一口に「くまが悩み」といっても、くまができた原因によってその対処法は変わってきます。
美顔器を正しく使うことで、くまが改善されるまでのスピードアップが期待できます。健康的で、年齢を感じさせない目元づくりのために、美顔器を上手に使ってくまを解消しましょう。

この記事の執筆者
美顔研究所 編集部
この記事の執筆者

美顔研究所 編集部

最新トレンドからお悩み、体験談まで、美容に関するあらゆる情報を発信していきます。